スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本的経営の復活


亀井金融相が8月の経団連御手洗との会談で、「日本で家族間の殺人が増えたのは企業が日本型経営を捨てて人間を人間として扱わなくなったからだ。責任を感じなさい」と言ったようだ
亀井金融相のこの発言は痛快だ。日本を裏から支配してきた財界の長に対してここまで言う事の出来る人物は他にはほとんどいないだろう

日本の戦後の高度成長期の繁栄を支えて来たのは日本型経営だ。安定した終身雇用と一億総中流の社会であった。
その日本型経営を象徴するのが経営の神様と呼ばれた松下幸之助氏である。氏は晩年に日本の政治と経済がこのままでは行き詰まると危惧し、松下政経塾を立ち上げ政治を変えようと努力した。その20年の間、氏の予想通り政治も経済も凋落してしまったわけだ

松下幸之助氏の遺志を継ぐ人物が京セラの稲盛和夫会長だ。稲盛氏の言葉には「会社は社会のものだ。会社が社会から預かったものは社会に還元しなければならない」といったものがある。

その稲盛氏が民主党政権の行政刷新会議のメンバーとなることが決まった。松下幸之助氏から連なる日本的な企業理念への立ち返りを意味するものだ。一部の人が自分達の利益のみを追求してきたのが、この20年の政治の仕組みであったが、その間、日本は低迷の道を歩んで来た。

これからは日本型経営の原点に立ち返る事になり、再出発することになる


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

 確かに、欧米型の成果主義をそのまま取り入れて給与削減を図った労働形態は、日本人には合いませんね。結局、会社を信頼出来ず個々人が己の成果に走り、グレーゾーンの仕事を誰もやらなくなります。
 野球のように個人の成績が明確に出る業界以外は成果主義は適さないと思います。
 日本人は一部の職人の業界を除けば、集団で業績を上げる事を得意とします。海外進出で外国人労働者が日本型の就労に合わない為、日本型を止めてしまったのが原因でしょう。
 成果主義が生んだモノは、管理職と事務職ばかりの大企業と、安い経費の外国人労働者や企業へのアウトソースです。これって企業内には何も残らないのですよね。競争力の無い企業が増えるばかりです。

2 ■亀井発言

痛快ですよねえ。
これぐらい言わないと御手洗さんなんかさっぱりわかってないんですよ。まあおそらく何もわかっちゃいないでしょうけど。

この発言を本気で非難しているブログとかありましたがどういう生き方をしているんでしょうね。
幸せボケとしかいいようがありませんね(笑)

3 ■Re:無題

>おいらは、ちびのり。斉天大聖!さん
そのとおりです。
日本型経営に戻らないといけません。

4 ■Re:亀井発言

>ヴァルトさん
御手洗なんて裏でかなりあくどいことしてると思います。まぁ、分かっちゃいませんね。

この発言自体は非常にまともで、亀井さんは庶民のことを分かっているのだと感じさせる発言でした。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。