スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの内政干渉


アメリカは日本にインド洋での給油活動の継続を求めて来ました

民主党が政権を取った事で、そのうちアメリカは日本に対して内政干渉をするだろうと思っていましたが、ついに最初の一手が来ましたね

アメリカは戦後ずっと属国状態であった日本がアメリカから離脱することを勿論警戒しているわけで、日本がアメリカからの真の独立を成し遂げる事を許すまじとしています

日本に政権交代が起きなかったのは、アメリカが日本の独立を妨げていて、今までも田中角栄のような人物がアメリカからの離脱気運を見せるとロッキード事件で叩かれて政治家生命を絶たれたように、裏にアメリカの暗躍があったわけです

今現在は、民主党による内閣が発足しようとしていて、総選挙で民主党が圧勝してからは民主党に対する日本国内での抵抗勢力はかなり後退した感じになり、官僚やマスコミは落し所を探ろうとしているようです

そして、その中でついに大御所であるアメリカが出てきはじめた事は、独立への最後の戦いになるのでしょう

いいえ、もっと言えばそれだけではなく、アメリカとの戦争は戦後もずっと続いていて、民主党による政権後退がその最終章の始まりなのです。

日本とアメリカとの昭和17年からの闘いはついにフィナーレに突入しつつあるのです。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■拝読です

勉強になります。
おっしゃるとおりと感じます。

2 ■ktnpoさんへ

アメリカの属国であるのが今の日本の状況であると認識し、そこから脱却するのがまず第一歩ですよね
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。