スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電力会社と暴力団の癒着


電力会社と暴力団の癒着について書かれてある記事があったので紹介します。

被曝労働者の現実が、日本国民全体に降りかかっている!!より


【転載開始】連続スクープ!!電力会社は暴力団の永久資金源!!原発作業員はすべて身元不明のプータロー。作業員送り込みは暴力団とフロント!!

Image20



 一昨夜の情報提供者から「これを書けるのは渡邉さんしかいないと思うので」と、待っていた電話が入った。

「原発の作業員と清掃員は全員身元不明のプータローです。仕込みは関西の広域暴力団で、大阪の西成とかで多くを集め、足らなくなれば東京支部の連中に山谷、新宿周辺からも集めています。もちろん、募集の窓口は孫受け、曾孫受けですが、現場で声をかけるのはチンピラもいます。しかも、原発作業を隠して集めるんです」

 といきなり衝撃の言葉を。

「原発に詳しい東電の社員は一人も居ないんですか?」

「昨日の渡邉先生のブログを拝見しましたが、東電の社員はいますが、近くの完全核シェルターとなっている制御指令室のある建物にいて、そこから危険な現場の『あのパイプと部品にひびが入っているから取り替えろ』などの指示は脱しているんです。キケンなところには絶対に行きませんよ」

「東電の連中は被爆するって知ってるからだね」

「そうです。卑劣なのは作業員や清掃員には防護服を着せていながら、それを(ここから有料をクリックしてください)

「東電の連中は被爆するって知ってるからだね」

「そうです。卑劣なのは作業員や清掃員には防護服を着せていながら、それを(ここから有料をクリックしてください)教えないで送り込んでいるんです。彼らも働いていて被爆を感じても、これまで事故も起きていないし、死んだ人がいるとも聞かされていないから安心だろうと指図通りに仕事をしているんです」

「待ってください。防護服を着ていても長時間作業はできないって聞いていますよ?」

「防護服は完璧じゃないんです。防護服を着ていても10分か15分しか居られないんです。キケンを知らせる胸ブザーが鳴りますから。でもそれじゃ部品の取替えや修理なんかできないんですよ。ですから彼らはブザーを取り外して作業するんです」

 驚いた話である。続きを聞きたいが先に訊ねた。

「重大なこと訊ねますが、作業員や清掃員を送り込む暴力団の窓口は東電幹部が直接ではないでしょ?」

「当然です。東電の大幹部や中堅幹部が暴力団と会っているところを見られたら大変なことに・・・」

「そうなると一般人の様相をした暴力団関係者や元総会屋、右翼かを仲立ちに?」

「そうです。ある人物とだけ申し上げておきます。これ以上は・・」

 電話を切ろうする相手を急いで引き止めた。

「判りました。話せるときがきましたら教えてください。話を戻しますが、常時、しかも24時間15分単位で交代で作業する労務者となると相当な人数に・・労務賃や集める資金も莫大なものに・・・」

「東電だけで年間数百億円、全電力会社だと数千億円だと思いますよ・・」

「それで電力会社はマスコミにCMをふんだんに流し、スキャンダルを押さえ込む・・暴力団にとって濡れ手に粟、半永久的に莫大なカネが集る?」

「そういうことです。怖ろしい世の中です」

「また話が飛びますが、そうなるとこれまで相当数の被爆者が出ているはずです。それが漏れて来ないのは?」

「そこです。被爆で死んだものも相当いますよ。ですが、清掃員は親や兄弟たちとも連絡を取らないものばかりを集めていますが、タコ部屋で24時間暴力団に監視・・・・(明日に続く)


原発作業員らは24時間暴力団に監視されたタコ部屋で、外部との連絡を絶たす!!辞めても暴力団の監視と「喋ったら殺すぞ」の脅迫!!



「そこです。被爆で死んだものも相当いますよ。ですが、作業員や清掃員は親や兄弟たちとも連絡を取らないものばかりを集めていますが、タコ部屋で24時間暴力団に監視されており、携帯も取り上げています」

「彼らは辞めることはできるんですか?」

「もちろん。ですが、辞めても機密保持が付いて回りますし、厳しい監視は続くんです。作業員が辞めて地元や元の街に帰っても、その地元の組織に監視させればいいんですから・・・もちろん、言葉で脅しもしますよ」

「怖ろしいね」

「考えてもみてください。これまで原発の作業員たちがマスコミに登場したことがありますか?まったくないと言っていいでしょ。先日、どこかのテレビで顔を隠した男が出ていましたが、あれは本当かどうか。本物だとしてもほとんど何も喋っていなかったでしょ。口にしたら終わりなのを知ってるからですよ。もちろんテレビも喋ったことがあってもあれ以上は報道できないですが。アハハ」

「う?ん。ヤクザが脅す?マスコミは広告料で押さえられている?」

「そうですよ。ヤクザはそれを(ここから有料をクリックしてください)

「う?ん。ヤクザが脅す?マスコミは広告料で押さえられている?」

「そうですよ。ヤクザはそれを(ここから有料をクリックしてください)条件で受けているんですから。もちろん、漏れたからって暴力団との契約は打ち切れませんね。彼らに企業の生命線を握られてしまっていますから、半永久的にカネを毟り取れるし、電力会社は取られ続けるってことです」

「その分、一般家庭のでき料金に跳ね返ってくる?」

「当然です。電気メーターは完全だと強調して、抗議なんか受け付けませんが、そんなもの完全じゃありません。操作できますよ。一般家庭のメーターを100円狂わせてもべらぼうな金額が一挙に集るんですから」

「それも聞き逃せないですが、また話を戻させてください。原発ができて48年ですか・・その間、何万人もの人が作業員、清掃員で送り込まれていたってことになりますね。告発者がそれでも出ない?」

「そうです。何万人も死んでますよ。約50年間でしょ。全国の原発は55です。全部は活動していませんが・・作業員や清掃員は一ヶ所数人じゃないですよ、一日数百人から1000人以上送り込まれるんです。単純計算でも・・・。

渡邉先生、年間自殺者が3万人の時代ですよ。死因解剖しないで死亡原因が不明で葬られている人が年間13万人とか言われている時代に、どこで誰がどういう病気で死んだか、殺されたか判らないってことですよ。どこで誰が死のうと感心を持つ人は少ないですよ」

「怖いね・・それでも告発者が出ない・・・」

「いえ、出ることを恐れているから電力会社のテレビや新聞、雑誌の広告出向がべらぼうに多いんです。私が先生に電話したのもそこです。あなたがブログで『東京電力はなぜ年間数百億円ものテレビCMや新聞、雑誌広告を打つ必要があるのか。おかしいじゃないか』書かれたからです」

「確かに。私個人で実におかしい料金が合ったんで。こんな事故から考えたら情けないんですが、許せないことがありましたから」

「個人的なことでも過去にそんなことを書いたジャーナリストは一人も居ませんよ。もちろん、これまでの渡邉先生のブログも読んでいましたし、暴力団も怖がって近づかなかった殺人集団のオウム真理教の上佑史浩の身元引受人になったことも知っていましたから。

あの時は私たちの間でも『渡邉って男はよくあんなとこに入ってる』とか『オウムの黒幕は渡邊正次郎じゃないか』なんて話まで出ていたんですから。アハハ、失礼しました。

もちろん、暴走族の関東連合を結成させて初代最高顧問だったのも知っていましたから、この人なら私の言うことを取り上げてくれると思って電話したんです」

「ありがとう。関東連合の連中で暴力団の親分や大幹部になっているのもいますが、彼らもこれを知っている可能性は?」

「そこは私にはわかりません。ですが、電力、ガスは人間の命の綱です。宣伝広告を打たなくても売り上げに関係ないんです。それを年に数百億円もマスコミに広告を打つってのは、作業員らの告発をヤクザに任せておくだけでは不安で、メディアに取り上げさせないためですよ」

「確かに取り上げないですね。オウムのとき、テレビは私を生番組に出演させると何を言い出すか怖いって言いましたから・・それよりあなたは東電の関係者ですか?それとも裏社会・・・」

「それ以上は聞かないでください。私もここまで話すのは命がけなんです・・・」


被爆死体処理も暴力団!!原発作業員は前科者も多く、彼らは使い捨てカイロです!東電は人間の血を吸う企業だ!!

「それ以上は聞かないでください。私もここまで話すのも命がけなんです・・・」

「・・申し訳けありません。私が耳にしている原発の作業や清掃を請け負うシステムについてですが、元請け、下請けがあって孫請けの下にひ孫請けまであるとか・・・」

「そうですがその元請けに発注するのがいるんですよ。東電や全国の電力会社の窓口になるのが。昔総会屋でヤクザでもないが総会屋当時から暴力団と深い繋がりを持つ人物。そこが元請けに発注するんです。ええ、もちろん、元請けは広域暴力団の大幹部です。エッ?跡目を取っていませんが大幹部です。これ以上は勘弁してください」

 電話の主はそこで言葉を切った。



最初の電話から会話にノイズが入るところから推測すると、盗聴を恐れ公衆電話からの告発のようだ。

「もう少し。それなら暴力団から請ける下請けも孫請けもひ孫請けも暴力団関係ですか?」

「下請け孫請けは純然たるフロントです。ひ孫請けもフロントのフロントですよ。カタギの人がそんな仕事を請けるはずがないでしょ。何の保証もなく、放射能に被爆する可能性が100%ある仕事ですよ。しかも(ここから有料をクリックしてください)

「下請け孫請けは純然たるフロントです。ひ孫請けもフロントのフロントですよ。カタギの人がそんな仕事を請けるはずがないでしょ。何の保証もなく、放射能に被爆する可能性が100%ある仕事ですよ。しかも(ここから有料をクリックしてください)周辺や下請け、孫受けに怖いのがうろついていて、もしかしたら自分が殺されるんじゃないかって」

「先日、現場作業員を送り込んでいるという業者の社長とかいう男がテレビで『大変心配してます』って・・」

「それは私も見ました。彼らは危険区域を知ってますから絶対に行きませんし、近づきません。内部であったことは報告を受けるだけです。心配なんかしてませんよ。もちろん保証もしません。それをしたら儲けが吹っ飛びます。使えなくなったら捨てる。取替え作業員は上部組織が送り込んできますから」

「何をどう質問していいか私の想像を超える話で・・」

「私も話が飛びますが、渡邉先生、原発は想像もできない複雑な構造なんです。数千本ものパイプとポンプと電気の配線があります。それらは数年に一度は取り替えなければならないんです。取替え前に破損もします、腐食もします、小さな地震でヒビが入ってしまう部分もあります。

それらを作業員が制御室からの指令で“決められた時間まで”に補修したり、取替えなければ大事故を引き起こすわけです。これまで大事故を防ぐために数十年に渡って多くの作業員が放射能を浴びて死んで行ってるのが現実なんです」

「東電も全国の原発を持つ電力会社は罪もない人間を犠牲にして儲けていると・・」

「ハハ。罪のない人ばかりでなく前科を持つ者も大勢いますよ。だって彼らは刑務所を出ても普通の社会人にはなれないでしょ。生きていくのに金は必要です。働くところがなければある意味、死を覚悟して働いているんです。ですからヤクザを恐れることもありますが、自分の前科を知られることにもなりますからテレビや雑誌に顔を出したくないんです。使う方としては使い捨てカイロのようなもんで便利ですから・・東電は人間の血を吸う企業なんです」

「・・・う?ん。しつこくてすみませんが、もう一度話を戻させてください。これまで原発で働いた、働かされた人たちは自民党や役所に一度も告発したことがないんですかね。あなたはその情報を知りませんか?」(続く)



被爆作業員の告発を握りつぶしたのは自民党と社会党!!日本経済の総本山経団連を牛耳った「東電」が自民党を、東電労働組合が社会党を食わせていた!!大幹部は大邸宅、幹部は億ション!大企業電気料を下げ、一般家庭料金を値上げ!



「・・・う?ん。しつこくてすみませんが、もう一度話を戻させてください。これまで原発で働いた、働かされた人たちは自民党や役所に一度も告発したことがないんですかね。あなたはその情報を知りませんか?」



<ここで、この情報提供者の昨日の言葉に注意してください。私が「(暴力団は)跡目を継いでいるとこですか?」と質問したのに、「跡目を取っていない大幹部」と答えた部分です。これは大きな組織に属しながら、跡目を継がなくてもカネは腐るほどあり、次の跡目に莫大な上納金を出せる大幹部ということです。>



「前にも申し上げましたが、国会議員にも関係役所にも告発はあったんです。数限りなく。ですが、それをすべて握り潰したのは自民党と社会党、民社党です。ですからもう誰も告発しなくなったんです」

「うん?」

「先生!この先は先生の領分ですよ。これまでの自民党をカネで支えたのは日本経団連です。社会党や社民党、今の民主党政権を支えているのは労組ですよ」

「確かに。そうです。これまで経団連のトップは東京電力の会長が何度も・・。関西経済界は関西電力のトップが多かったし、九州電力も四国電力もそうでした。社会党、民主党を支持した労働組合も電力会社の組合が圧倒的にリードしていました。電力会社の組合がベースアップに話がついたと発表すると、他の民間企業も右へ倣えだったですね。

私も秘書当時、就職を頼まれると「組合運動はするな」を条件に東電やNTTに無条件で入れさせていましたから。これは・・・戦後の日本の暗部としか・・・私もまだ甘いとしか」



「それは止むを得んですよ。その時代は疑う余地もなかったのですから。電力は国家、正しいというイメージがありましたから」

「貴方の電話で反省しています。大変なことを・・となると、電力会社やガス会社は公共事業ですから政治献金はできない。それを経団連の会長になった東電の会長が他の企業に割り当てる・・ってことは、あなたの会社の電気使用料は大幅に下げる・・その不足分を電気料金値上げして一般国民から強制的に徴収して穴埋めができる・・払わなければ止める?」



「そうです。見事な仕組みです。常に政治家と闇社会がマジメな国民の血を吸っているんです。先生、話は変わりますが、ご存知かどうか、大手、大手だけでなくゼネコンの重役連中の自宅や東京電力の大幹部の自宅を調べたことがあります?」

「電力会社の社長や会長の自宅はありませんが、ゼネコンの社長、副社長の自宅を訪ねたことが・・・選挙の票を頼むので二つのゼネコンの重役・・渋谷の上原と神宮前で二人とも超高級住宅街の大邸宅・・・」



「でしょ?電力会社のサラリーマン社長や副社長も高級住宅街の大邸宅ですよ。取り締まり役や総務担当の部長クラスでも、(ここから有料をクリックしてください)

「でしょ?電力会社のサラリーマン社長や副社長も高級住宅街の大邸宅ですよ。取り締まり役や総務担当の部長クラスでも、(ここから有料をクリックしてください)億ションに住んでいますよ。電気料なしで」

「なんですって!彼らは電気料金を払ってない?」

「どう考えてもおかしいでしょ?大邸宅や億ションだと月に10万円近い電気代がかかります。日本の国民もおかしいと思わないんですよね。もちろん知らないんですが。許せますか!」

「政治と闇社会の癒着以外にないですな。私の秘書をしていた迫水久常議員はゼネコンとの付き合いはありませんでしたが、彼らをバックに当選してきた議員は、公共事業に口利きをして必ず3%とか5%のマージンを要求しているのは耳にしていました・・もうひとつお聞きしたいんですが、東電も関西電力もいまでも暴力団をバックにした昔の総会屋にカネを出していますね」



「そうです。書店にも並ばない数百部の雑誌でも発行していれば、文句なく、文句なく一頁広告ですよ。最低50万円でしょ。毎月50万円ですよ。少しうるさいとこには年間数千万円単位です。」

「それが一誌二誌じゃない?明らかに犯罪です。警察は商法改正で総会屋を締め出したのに取り締まらない?」

「電力もガスも天下りを引き受けているからですよ。それと時の政権からの圧力でこの二つは見逃されているんです」

「やはりか・・。もうひとつ、原発の作業員発注の窓口になっている元総会屋は一つじゃないですね」

「本当は一つにしたいんでしょうが、その人間が死んだら続きませんから安全装置で幾つかに分けているはずです」

「国民から徴収した金をいまも闇社会に垂れ流し、大幹部も優雅な生活をしている?」

「それは間違いないです。先生、東電や関西電力、九州電力の社長、会長になるのもなったのも全員、若い時代に総会屋や右翼、ヤクザを担当して、カネで彼らの口を塞いでいた総務部出身ですよ。なぜか分かるでしょ?手が切れるはずがないじゃないですか。電話はこれで終えますが、この事故をきっかけにどのマスコミが東電の闇を暴くか注目していてください。普通なら書くであろう雑誌が書かなかったり、テレビでも報道されないなら東電と癒着以外にありません」

「もっとお聞きしたいことが・・・」

「一段落したら・・一段落はしませんが落ち着いたら必ず電話します。それは約束しますので・・失礼します。あ、必ずブログで配信してくださいよ」



注・突然掛かってきた電話で、東京電力と闇社会の切っても切れない怖ろしい関係が少しだけ見えてきた。今後も各方面の取材を進め、暗部を暴きださねばなるまい。【転載終了】


スポンサーサイト

マスコミと東電の癒着

田中龍作ジャーナル

【第一報】マスコミOBの中国旅行は東電持ちだった


記者会見する勝俣会長。筆者の質問に「マスコミOBを連れての中国旅行は旅費の大部分を東電が持った」と答えた。(30日午後、東京電力本店。写真:筆者撮影)


 福島原発事故発生時、「東京電力の勝俣恒久会長が大手マスコミ幹部を引き連れて中国旅行に行っていた」と一部週刊誌が報道している問題で、勝俣会長は30日、「マスコミOBの旅費は東電が大部分を持った」と明かした。

 東京電力本店で開かれた記者会見で勝俣会長が筆者の質問に答えたもの。マスコミと東電との癒着ぶりを最高幹部が認めたことになる。

流通の問題が大半

首都圏人の買いだめは必要?ブログネタ:首都圏人の買いだめは必要? 参加中


流通をまずなんとかすれば少しは落ち着くんだよね。だから買い溜めが全ての原因とは思ってないなぁ

人間って危機の時は買い溜めしたりするものなんだよね。今回のこれは太平洋戦争以来の危機だね。

危機の対応の仕方にはいくつもあるね。
1.とにかく物を溜める
2.逃げる
3.日々のルーティンをこなす事で危機ではないのだと自己暗示する
4.とりあえず様子を見て留まりながら、いつでも逃げられる準備をしておく

自分的には今回は4が正解だろうなぁ、と思うけれどね。

だから今回の危機では買い溜めは賢い選択ではないとは思うよ


原発事故「最も憂慮すべきは遺伝子変異」

http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=29799892

ヴァルター : (略)ただ、情報伝達が不十分だったり危険を軽視したりすると大きな誤りを犯すことになる。吸収線量と人体への影響は正比例の関係にあるからだ。つまり、心配のいらない吸収線量というものはない。わずかな摂取でもがんを引き起こし、乳がんや大腸がんなどから死に至ることもある。

今後日本では確実にがん死亡率が高まるだろう。たとえ完全な炉心溶融に至らなかったとしてもだ。


swissinfo.ch : 専門家によれば3月17日と18日の2日間が原子炉冷却の鍵を握る最後のチャンスとされ、成功しなければ炉心溶融が決定的になるとのことでした。世界が日本に対して抱く不安は当然のものですか。

ヴァルター : 当然だ。先述したがんの増加を恐れてのことだ。例えば、チェルノブイリでも急性被曝で死亡した人は多くなかったが、事故後にがんで多くの人たちが亡くなった。

しかし、がんのリスクの増加以上にもっと深刻な問題は遺伝子への影響だ。それも世代を越えた影響だ。最新の研究では、少量の吸収線量でも継代的な影響がありうることが分かっている。

イギリスにあるセラフィールド ( Sellafield ) の使用済核燃料の再処理工場に勤務する人たちの子どもには白血病のリスクが高い。これは父親の吸収線量と関係があり、子どもたち自身は放射線にさらされていない。原発事故だけでなくこうした通常の場合でも、人間ならび動植物の遺伝子に損傷が発生する。こうした事実を知った上で、あえて原子力に頼るかどうかはむしろ倫理的な問題だ。


swissinfo.ch : 放射能汚染では放射性同位体のヨウ素131、セシウム137、キセノン133、クリプトン85ならびにストロンチウム、プルトニウム239が漏出します。どれも危険ですが、特に危険なものはどれですか。

ヴァルター : まず、危険度は半減期によって変わってくる。ヨウ素は8日間でほぼゼロになる。つまり、スイスの子どもたちにヨウ素剤を与えても意味がないと言える。さらに大人が服用すると逆効果になりかねない。

セシウムの半減期は30年なのでセシウム汚染は日本からスイスにまで行き渡るが、スイスでの危険度はごくわずかだ。セシウムはカリウムのように体内で代謝されるため、一回限りの摂取なら数カ月後にはなくなる。

ストロンチウムは体内に蓄積され、死ぬまで残る。ここでも人体への影響は半減期に左右される。ストロンチウムはカルシウムのように骨に蓄積されるため消えることはなく、骨髄は絶えずβ線の影響を受けることになる。子どもの骨髄は脂肪が少ないため、のちのち白血病になるリスクが大人よりも高い。

プルトニウムは一度体内に入ったら決して消えない。ごく微量の摂取でもがんを引き起こす。



swissinfo.ch : チェルノブイリの場合、子どもへの医療行為はどの程度可能でしたか。


ヴァルター : 普通なら子どもが甲状腺がんにかかることはない。事故前のウクライナでは住民5000万人に対し年間3人ほどだった。しかし、事故後1500人の子どもが甲状腺がんを患った。4000人という話もある。

それまでこうしたことはなかった。これはヨウ素131の影響だった。もし事故直後に政府が子どもたちに安定ヨウ素剤を与えていれば避けられただろう。当時の子どもたちに急性被曝があったとは思えない。

セシウムに関しては、ウクライナでは大人も子どもも食品から摂取している。それは今も変わらない。これに対してはりんごペクチン剤が服用されている。りんごペクチンは体内のセシウムの量を減らし、継続的なセシウムの摂取に対しても有効に働く。


swissinfo.ch : 原爆を経験した唯一の国である日本が今また大規模な原発事故に見舞われているというのはある意味ひどい皮肉のようです。当時の医療的な経験は今回の役に立ちますか。

ヴァルター : それはないだろう。当時は特別な治療を施すことがまったくできなかった。その上、被曝の影響は異なる。広島と長崎で被曝した父親を持つ子どもたちとチェルノブイリで被曝した父親を持つ子どもたちをイスラエルの研究者たちが調査した。その結果、父親が原爆で被曝した後に生まれた子どもたちには遺伝子の変異がまったく見られなかったことが分かった。

それに対し、チェルノブイリの事故後に解体作業者として入った父親から被曝後に生まれた子どもたちには一定の割合の遺伝子 ( ミニサテライトDNA ) に相当数の変異が見られた。遺伝的な視点で見ると、今回の福島第一原発の事故は深刻なケースだ。

31日は関東南部まで…ドイツ気象局が放射性物質拡散予想

31日は関東南部まで…ドイツ気象局が放射性物質拡散予想

 東京電力福島第1原発事故で、ドイツ気象局は、同原発から放出される放射性物質の拡散状況を予想して公開している。当事国の日本では行っていないだけに、「こんなことまで外国頼みなのか!」と嘆きの声もあがっている。

 独気象局は2週間前から、「福島からの放射性物質の拡散状況」として、6時間ごとの予想図を紹介している。濃い茶色が「比較的高い」部分で、常に原発周辺に分布していることが分かる。時刻は協定世界時(UTC)で、日本時間に換算するには9時間進める。

 29日の時点では北関東が30日午後9時から拡散範囲に入り、31日午前3時には関東南部や伊豆半島まで拡散が予想されている。日本の気象庁の天気予報では、30日の福島県浜通り地方は北西の風日中は東の風となっている。

 独気象局は21日午後9時にも関東地方への拡散を予想した。東京都新宿区の放射線測定状況は19日午前8時が0・047マイクロシーベルトだったのが22日午前6時台では0・131マイクロシーベルトと上昇しており、精度もなかなかのようだ。

 ノルウェー気象庁も独自の予想を公表しているが、わが日本では、東電がデータ不足を理由にシミュレーションに消極的なまま。こんなことまで外国頼みとは…。



福島原発 「東電の罪」と「原子力ロビー」(仏ル・モンド紙報道)


福島原発 「東電の罪」と「原子力ロビー」(仏ル・モンド紙報道)


3月26日 23時45分(日本時間27日7時45分)

 仏日刊紙ル・モンドは26、27日版紙面で福島原発の状況と東京電力に関する特集記事を掲載している。「日本人は原子力災害を意識し始めているものの、未だ事故の重大性には気づいていないようだ」と冒頭で同紙の東京特派員は語る。特派員によれば、「新聞、民放テレビ局、インターネットのブログなどで語られる原子力専門家の話を聞いていると、この一連の悲劇の背景に「原子力業界のロビー活動」が見え隠れしている」という。


日本の「原子力ロビー」


 この「原子力ロビー」には原子力事業を総括する経済産業省と同省の管轄である原子力安全・保安院、電力各社、電気事業連合会(電事連)、そして発電所を建設する東芝や日立といった産業界の大企業が関与し、「非常に大きな資産と影響力」を誇っているという。また、原子力関連の官庁からの天下り社員が送られることにより、完全な「情報統制」を行うだけでなく、出版やテレビ局を通じて大規模な広告キャンペーンを繰り広げ「原子力は100%安全である」という神話を築いて来た。さらに、現在の与党民主党は原子力エネルギー業界出身の組合員が多い労働組合「連合」を支持層にしているため、2009年の政権交代後もこの状況に変化はなかった。同紙は、「この行政、監督官庁、原発建設企業そして電力会社間の緊密な関係が原発反対派を黙殺し、さらに原子力に関するあらゆる疑問を回避してきた」と指摘。電力各社は「1970年代以降から度重なる原発事象を隠蔽、改ざんし続けて来た。当時最も批判が集中したのは東京電力である」と付け加える。

安全よりもコスト削減


 ル・モンド紙は未確認の情報とした上で、「電力各社は長期的な原発の安全性よりも短期の利益勘定を優先し、世界で最も地震と津波が多い日本国土の危険性を考慮していない」という東電元社員の証言を紹介。福島原発は1956年に発生したチリ地震をモデルにして5,5メートルまでの波にしか耐えられるように設計されていなかったたため、地震発生時原子炉は自動停止したものの、冷却システムは津波の影響で完全に機能を失ってしまった。東京新聞では福島原発の建設に関わった当時の東芝の技師が「設計時の耐震基準が低すぎた」と告白している。

 経済産業省は「この危機が落ち着いた段階で東京電力の処遇を決める」としているが、「それまでの間、一体何人の被害者が出るのだろうか?」と同紙は問う。


 「日本が直面しているのは自然災害ではなく、人的災害である」という東芝元社員の証言、「福島原発は異常事象と作業員の被曝が日本で最も多い発電所」という共産党吉井英勝議員の告発、さらに原発保全作業は下請会社の経験乏しい作業員が行い、今現在大災害の現場で戦っているのもその作業員達である事実も判明している。事故後の対応の遅さに加え、地震と津波が発生してから2日間、周辺住民への被害よりも設備の保全を優先させていた経緯も厳しい批判を受けて当然だ。実際、地震の際に福島原発に派遣されていたフランス原子力企業アレバ社の8名は危険性をすぐに察知して真っ先に退避している。


過信した大企業 東京電力


 今日3月26日は東京電力が福島原発1号機の操業を開始して丁度40周年を迎える。

原子力エネルギーに着手して40年目の今日、東京電力は重大な原子力災害を引き起こす直前の状態にまで追いつめられている。さらに、事故後の対応が批判に晒されているにも拘らず、ガス価格の値上げを理由に4月の電気料金を値上げすることを発表。事故発生から29時間後に行われた記者会見以降公式の場に姿を現さない清水正孝社長にも批判が集中している。
 東京電力は従業員3万8千人と(2009年度)売上げ5兆円と1337億円の純利益を誇る世界4位の大電力企業である。

「原子力安全・保安院と経産省を始めとする原子力推進ロビーに支えられ「奢り高ぶった」企業の体質が、原発内の事象や技術報告の隠蔽を生み出した温床ではないか」と同紙は問う。
 しかし今回の事故により東電グループは解体の危機にあり、同社の原子力計画も中止を余儀なくされるだろう。ましては2012年に予定されていた新規原子炉2機の工事着工などは夢の話だ。

土壌汚染「チェルノブイリ強制移住」以上 京大助教試算

そして、まだ終息していない状態ですから。。。

結果的にチェルノブイリ以上の原発事故だったということになるのでしょうか・・・。

土壌汚染「チェルノブイリ強制移住」以上 京大助教試算

 東京電力福島第1原発の事故で、高濃度の放射性物質が土壌などから確認された福島県飯館村の汚染レベルが、チェルノブイリ原発事故による強制移住レベルを超えているとの試算を、京都大原子炉実験所の今中哲二助教(原子炉工学)がまとめた。

 飯館村は原発から北西約40キロ。今中助教は、原発の状況が分からず被災地各自の事情もあるとした上で「避難を考えた方がいいレベルの汚染。ヨウ素やセシウム以外の放射性物質も調べる必要がある」として、飯館村で土壌汚染を調査する方針だ。

 文部科学省の調査で20日に採取した土壌から放射性のヨウ素1キログラム当たり117万ベクレル、セシウム16万3千ベクレル、雑草からヨウ素254万ベクレル、セシウム265万ベクレルが確認された。土壌中のセシウムは通常の1600倍以上だった。

 今中助教は、土壌のセシウムで汚染の程度を評価した。汚染土を表面2センチの土と仮定すると1平方メートル当たり326万ベクレルで、1986年の旧ソ連チェルノブイリ原発事故で強制移住対象とした148万ベクレルの2倍超、90年にベラルーシが決めた移住対象レベルの55万5千ベクレルの約6倍だった。

 今中助教は「国は原発周辺の放射性物質を詳細に調べて分析し、ただちにデータを公開すべきだ」と話している。セシウムは半減期がヨウ素(8日)と比べ30年と長く、汚染の長期化が懸念されている。

日本、原子力発電不足分補う石油火力発電の余剰ある=IEA

はい!日本の電力には余裕があるという報道が、ロイターからも出ていました。


日本、原子力発電不足分補う石油火力発電の余剰ある=IEA


 [ロンドン 15日 ロイター] 東日本大震災に伴う原発事故を受けて、国際エネルギー機関(IEA)は15日、日本は原子力発電の不足分を補うだけの十分な石油火力発電による余剰能力を有している、との見解を示した。


 IEAは月次報告書で「実際には、液化天然ガス(LNG)および石炭も使用することで需要に対応できる可能性が高いが、LNG、石炭の両セクターにおいては余剰発電能力がより限定的であるようだ」と指摘している。


 IEAの推計によると、日本は2009年に石油火力発電能力の30%しか使用しておらず、平均で日量36万バレルの原油・燃料油を使用し、100テラワット時余りの電力を生産した。


日本のメディアはこれを無視しているんですよ。それで原発原発と言っていれば日本周辺諸国は怒りますわな。

この原発の危機に関して思う事

東日本から逃げた人がたくさんいる。今回の場合はこれが正解だと私は思う。

東日本はこれから数十年の単位で外部から人が寄ってこない地域になる。2年位も立つと首都圏でも白血病や癌の増加が認められ、その時に多くの人は恐ろしい事態が起こっていた事を知るのだろうな。残念ながらそこまで政府やマスコミにマインドコントロールされている状況だから。

だから今マインドコントロールの実態に気付いている人には、東日本から離れ、いずれ日本を復興する力となれるように力を蓄えておいた方がいいと思う。

関東の地価下落か

関東からだんだんと人が逃げ出す。そのことで東京の地価も沈むことになる。

本社機能なども関西に移れば、東京で仕事する必要もないからなぁ・・。

あなたの資産は大丈夫? 地価の大変動が訪れる?

逃げ出す外国人・外国資本
東日本大震災を受け、日本国内から避難する外国人が増えています。特に、福島原発の事故について、海外では非常に深刻に報道されているため、ビジネスマンなど多くの外国人が「脱出」する事態となっています。

こういった事態が経済に与える影響は大きく、近年にない地価の大変動が起こるものと見られています。

好調だった別荘地は大幅下落?
長引く不況下で、北海道の地価は下がり続けてきました。20年連続して下がり続ける中、昨年度、ゆいいつ上昇したのが倶知安町。香港の大資本がホテルや別荘地開発を手がけ、積極的に海外からの観光客を誘致しているためです。

今回の震災を受け、こういった活動にも急ブレーキがかかるもの、と見られています。中国では特に原発事故や放射線の影響について、危機感を大きく伝える報道が続いているため、富裕層の別荘購入などは今後激減。一転、地価の下落が起きるものと予想されます。

関西では特需? 地価上昇も!
テナントビルの供給過剰などから、大阪では地価の下落が続いてきました。震災による停電や放射能汚染を避けるため、首都圏に本社を置く企業が大阪への移転を検討する動きが見られ始めています。社員などの移転もあり、ビジネス用の商用地だけでなく住宅地の地価も上昇するのでは、と期待されています。

また被災者など東北、北関東在住者の移住もあり、マンションなどの需要も活発化するものと見られています。

COVERS

COVERS』(カバーズ)は、RCサクセション1988年8月15日に発表したカヴァーアルバム。

洋楽のカバーアルバムとして釘打たれ、全曲、洋楽のヒット曲に日本語詞をつけた内容。ゲストとして山口冨士夫三浦友和泉谷しげる、更に桑竹居助の偽名にてサザンオールスターズ桑田佳祐らが参加している。

本来は、所属レコード会社の東芝EMI(現・EMIミュージック・ジャパン)から1988年8月6日(広島平和記念日)に発売される予定だった。しかし、「ラヴ・ミー・テンダー」と「サマータイム・ブルース」で・反原発が歌われており、特に後者は露骨な原発批判のため、自身が日本の原子炉サプライヤーでもある親会社の東芝からの圧力がかかったと言われており[要出典]、先行シングル「ラヴ・ミー・テンダー」(6月25日発売予定)ともども、「素晴らしすぎて発売できません」という新聞広告(1988年6月22日付全国紙)と共に発売中止となる。

この発売中止事件の真相は後に明かされたところによると、FM大阪で当時忌野清志郎が担当していた番組「夜をぶっとばせ」のスタッフ慰労会が催された1988年6月9日の夜、忌野は同会には参加せず当時の東芝EMIの邦楽最高責任者、石坂敬一統括本部長に呼び出されていた。その場で、『カバーズ』の発表を見合わせたい、もしくは「ラヴ・ミー・テンダー」「サマータイム・ブルース」「マネー」「シークレット・エージェント・マン」の4曲をカットすれば発売してもいいという申し出を受けていた。元々1987年末の時点では3枚組という構想にまで達していた『カバーズ』はそれまでに既に11曲にダウン・サイジングされており、さらにそこから4曲をカットしたわずか7曲のミニアルバムにしろとの話であった。「ロックの東芝だからこそメッセージ色の濃い作品を出すべきだ」と主張する忌野と石坂の話し合いは平行線をたどる。対談は翌日にも渡り、東芝EMIでも再度会議が行われたが、結局東芝内での決定は覆らず発売の中止が正式に決定する。これを聞き呆れ怒った忌野が訴えた「素晴らしすぎて出せないっていうんだったら、それを新聞に出してくれ」との言葉のみが受け入れられ、上述の新聞広告掲載となり、同時に発売の中止が決定した[1]

だが、本作を望むファンの声が高まり、またマスコミに取り上げられたことで世論の後押しもあり、シングル、アルバム共にRCサクセション(以下、RCと略す)の古巣キティレコード(現・ユニバーサルミュージック)から8月15日(終戦記念日)に発売が実現した(皮肉にも後に石坂はユニバーサルミュージックの代表取締役に就任し、同社に移籍した忌野のアルバムを発売中止にしている)[2]

発売中止騒動や過激な内容の話題性から、シングル・アルバム通じてRC初のオリコンチャート1位を獲得。RC唯一のオリコン1位獲得作品である。


SUMMER TIME BLUES


LOVE ME TENDER


何言ってんだー、ふざけんじゃねー
核などいらねー
何言ってんだー、よせよ
だませやしねぇ
何言ってんだー、やめときな
いくら理屈をこねても
ほんの少し考えりゃ俺にもわかるさ

放射能はいらねえ、牛乳を飲みてぇ
何言ってんだー、税金(かね)かえせ
目を覚ましな
たくみな言葉で一般庶民を
だまそうとしても
ほんの少しバレてる、その黒い腹

何やってんだー、偉そうに
世界の真ん中で
Oh my darling, I love you
長生きしてえな

Love me tender, love me true
Never let me go
Oh my darling, I love you
だまされちゃいけねぇ

何やってんだー、偉そうに
世界の真ん中で
Oh my darling, I love you
長生きしてえな

関東経由だと野菜が汚染されている模様

なぜ、愛媛産?!と思ったのだけれども、どうも関東経由だと汚染されてしまうようです。

日本野菜から放射性物質=千葉、愛媛産も輸入停止?シンガポール

 【シンガポール時事】シンガポール農業・食品・獣医庁(AVA)は24日夜、日本から輸入した野菜のうち栃木産のミツバ、茨城産の菜の花、千葉産のミズナ、愛媛産のアオジソの4種類の検体から、ヨウ素131などの放射性物質を検出したと発表した。ヨウ素の数値は日本の暫定規制値の約6分の1など、いずれも日本の基準を下回っているが、同庁はこれを受け、新たに千葉、愛媛両県産の野菜と果物を輸入停止の対象に追加指定した。

 シンガポールは福島原発事故が起きた11日以降に輸出された日本産食品を対象に放射能検査を実施しているが、放射性物質を検出したのは初めて。同庁は23日、福島、茨城、栃木、群馬の4県産の乳製品、果物、野菜、魚介類、肉類の輸入停止を決めている。(2011/03/25-12:58)



この記事に対し、愛媛県では次のように報告しています。

愛媛県産の大葉(青じそ)の安全性について

 3月24日に、シンガポール農畜産物管理庁から同国に輸出された愛媛県の「大葉(青じそ)」から放射性物質が検出されたことが発表されました。

 シンガポールでの検出量は、放射性ヨウ素?131が255ベクレル/kg検出されたものでありますが、これは、日本における放射性ヨウ素?131の暫定基準値2,000ベクレル/kgの8分の1程度となっており、それほど大きな値が検出されたものではありません。

 また、県においては、翌3月25日に、愛媛県内から採取した「大葉(青じそ)」及び念のため「ほうれん草」についても、愛媛県原子力センターにおいて分析したところ、いずれも、ヨウ素?131、セシウム?137、他の人工放射性核種といった放射性物質は検出されず、安全が確認されました。

 他県でも、関東市場を経由して輸出された農産物から、放射性物質が検出された例もありますが、愛媛県産の野菜については、安全であることを確認しましたので、消費者の皆様には、過度な不安を抱かないよう冷静な対応をお願いいたします。

 愛媛県では、今後とも、皆様方に安全な農産物をお届けできるよう、心がけて参りますのでよろしくお願いします。


【速報】「原発は要らない」 市民千人が銀座でデモ

このデモはテレビや新聞は報道しないでしょうから、拡散

【速報】「原発は要らない」 市民千人が銀座でデモ


 長蛇のデモ行進。隊列の先頭が数寄屋橋交差点近くまで差しかかっても最後尾はプランタンのはるか後ろにあった。(27日、数寄屋橋交差点付近。写真:筆者撮影)


 世界が固唾をのんで見守る福島原発事故は、事態が日増しに悪化し、どこまで被害が広がるのか予測もつかない。

 「もう原発は要らない」。27日午後、市民約1千人が銀座から日比谷公園に向けて「反原発」デモを繰り広げた(主催:再処理止めたい首都圏市民の集い)。

 人災とも言える大事故を引き起こした東京電力本店前ではシュプレヒコールが一段と大きくなった。「すべての原発を止めろ」「東電は責任を取れ」・・・。

日本の水道水放射能濃度は世界の30倍 ちょっと付けたし

世界の水道水放射線基準値

●日本の基準値
            300ベクレル(Bq/L)

●世界の基準値
WHO基準      1ベクレル(Bq/L)
            ヨウ素 I131:10ベクレル(Bq/L)
            セシウム Cs137:
10ベクレル(Bq/L)

ドイツガス水道協会 0.5ベクレル(Bq/L)
アメリカの法令基準 0.111ベクレル(Bq/L)

WHOの資料(p.203?p.205)

さいたま市の放射能濃度
新宿の放射能濃度
茅ヶ崎の放射能濃度 

かろうじて、神奈川の茅ヶ崎は飲料に出来るとWHOの資料から言えるくらいです。
さいたま市、新宿はもう、WHOの水準を超えています。

関東の水道水はまず飲んではいけません。。。。。

庶民の騙し方【焼き直し】


ここは地中海のある都市。

世界のトップが集い談義を行うところ。

卓を囲み、葉巻をくゆらせながら、口髭を蓄えた人物がいう。

「この頃の庶民は何かあると環境破壊だ健康被害だとうるさいものですな。」

別の人が
「全くです。しのごの言わずにやつらは奴隷のように働いて、私たちが作り出したブームに乗っかっておればいいのですよ。役立たずになればポイなのですから」

「おお、それなら環境問題でブームを作って儲ければいいではないですかな。奴らは馬鹿だから環境問題と言えばお金もかけるでしょう。そうすれば儲かるではないですか」

「それで濡れ手に粟なビジネスを作るのですな」

そうして、環境問題を解決するためとして原発が推進される事になり、環境問題とは一切関係のない二酸化炭素排気量を売り買いするビジネスが生まれる事になったのです。

「ふっふっふ、こうやってCO2削減のために原発推進といえば儲かりますしな。」

しかし、地球温暖化は環境問題とは全く関係なかったのでした。


人気ブログランキングへ

この判断は正しいよ。

修学旅行先は西日本のほうがやっぱりいいでしょう。

この福島原発事故は簡単には終息しませんから。。少なくとも数ヶ月はかかります。そして計画停電は8月くらいまで続きそうですしね。

修学旅行先変更相次ぐ…TDRもスカイツリーも

 東日本巨大地震や東京電力福島第一原子力発電所事故の影響で、東北や首都圏への修学旅行を予定していた西日本の学校が、行き先の変更や延期を余儀なくされている。

 大手旅行会社によると、関西地方の中学校は4?6月が修学旅行のピークで、半数程度は関東方面が占める。今年は定番の東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)や国会議事堂に加え、建設中の東京スカイツリー見学が人気を集めていた。

 しかし、ディズニーリゾートは地震発生以来、休園。計画停電や余震への懸念も広がり、担当者は「関東方面を計画していた学校の8割から、旅行先を変えてほしいと連絡がある」と話す。

 4月20日から2泊3日で、山梨、東京を訪ねる予定だった滋賀県米原市立河南中は、急きょ、行き先を長崎に変更、今月22日に保護者へ通知した。班別での都内見学が予定にあり、山本太一校長は「計画停電による交通マヒや放射能事故への不安の中、生徒だけで移動させるのは安全面で問題がある」と変更の理由を説明した。

(2011年3月27日07時07分 読売新聞)

そして、この傾向は今年だけのことじゃないはずです。放射能汚染は来年も再来年も確実に東日本を蝕みます。
そして、2、3年後から関東を含む東日本では白血病や癌などの健康被害、死産、胎児への影響などの報告が徐々に増えてくることになります。

そういうことがあって初めて、政府とマスコミ、電力会社が国民を騙していたことにほとんどの人が気づくのでしょうね。。。その代償は自分や周りの人の健康被害によって。。。大きな代償かもしれませんけれども。

今、そのことに気づいた人は西日本などに逃げることが正解だと私は思っています。

フランスの良質なニュースを紹介:日本のマスコミは事実を報道しないから

フランス在住の有志たちが、日本の福島原発に関してのニュースを日本語に訳してまで報道してくれているので、紹介します。

FRANCE MEDIA NEWS フランスからのニュース

*ル・モンド紙 3月26日13時59分(日本時間21時59分):

 

十分な情報を得られず、深刻さを推し量ることができない状態で、事故の危険を段々意識するようなった多くの日本人は、新聞雑誌の記事や民放テレビで放送される原子力専門家の証言を通じて、以前より不安を抱くようになっている。この惨事の吐き気を催させるような背景が今浮かび上がってきたのである。「原子力ロビー」と呼ぶ権力が。

財力と権力の心臓部は原子力の政治を牛耳っている経済産業省で鼓動している。その下部組織が電力会社連合、原子力安全・保安院、原発の建設産業グループである東芝と日立、そして原発の事業社である。

電力会社に天下りした原子力関連機関と官公庁の官僚を擁するこのロビーは情報を塞ぐことに手腕を発揮する。原子力は完璧に安全であるということを保証する為に新聞雑誌やテレビの大々的なキャンペーン広告に出資する。

2009年の新しい与党の登場もこの構図を変えることはなかった。日本民主党は「連合」の勢力を基盤にしており、その中心は原子力に非常に結びついたエネルギー・セクターの労働者をまとめる部門なのである。

省庁、監視機関、原発建設会社と事業社の間での大規模なこの共謀行為は、反対派の口を塞ぐだけでなく原子力に関するすべての疑問を撤去する。資料で立証された証拠が足りないわけではなく、怠慢と省略による欺瞞、あるいは純粋なる改竄によって撤去するのである。この手口は、日本に原子力が導入された1970年代からの事故隠蔽に対して電力会社10社が問題視されたことから2002年に公になった。福島原発を所有しその事業社でもある東京電力は最もやり玉に挙げられた会社である。

今回、東京電力の元社員の証言が加わる。しかし今のところ、この暴露は背筋を寒くさせる。もしそれが事実を反映したものであれば、東京電力そして同業会社が長期的な安全の絶対的必要より目先の利益を優先させ、地震が多く津波もある国での危険を十分には考慮していなかったように見える。

福島原発は、1956年のチリ地震で発生した津波を参考にして5,5メートルの波に耐えるよう考案されたものである。原子炉は地震に耐え、自動的に停止した。しかし、十分防御されていなかった冷却装置が動かなくなってしまった。福島原発の設計に参加した東芝の2人のエンジニアは、東京新聞によると、「低すぎる危険」が計算の基本として採用されたと考えている。

心ならずも、経済長官は「危機状態を脱したら、東京電力の管理状況を調査しなければならない」と認めた。もちろんだ。しかしその間に一体何人の犠牲者を数えなければならないのだろう?

地震が起きた時に福島原発にいた原子力の世界でリーダー格のフランス企業アレヴァの8人の社員はすぐに危険を察知し、一番に現場を離れた。アレヴァは一度もクライアントである東京電力の原発が危険をかかえているとの懸念を発したことはなかったが。

今回の原発報道に関しての記者クラブの弊害

仏紙ルモンドが日本の記者クラブ制度批判を紹介

日本の記者クラブ制度を海外メディアも強く批判しているとのこと。
そりゃそうだろう。今の福島原発の問題は世界的にみても大きく、三号機のプルトニウムが北半球に拡散するということになれば、遠く離れたフランスでさえ、放射能の被害は出るだろうから。その正確な情報の流出を妨げている日本の記者クラブと東電の隠蔽体質には海外メディアでさえ危機を抱いているのだと思う。

以下、転載
**************************

 ルモンドに「批判される日本メディア」という記事が載っていた(21日付)。地震と絡めて日本の記者クラブ制度を批判。市民のマスコミ不信も高まっている、という内容だ。

 以下、かいつまんで訳す。まずは前半。

(翻訳ここから) 「ツイッターとBBC」―どんな手段で原発危機の情報を得ているのか日本人に尋ねると、こんな答えがよく返ってくる。

 日本のプレスは政府と東京電力の情報提供に強く依存しており、受動的な報道姿勢で「落ち着こう」「まとまろう」とばかり繰り返しているのが厳しく批判されている。矛先は「記者クラブ(clubs de journalistes)」制度だ。2010年には鳩山由紀夫前首相が改革に着手している。


 記者クラブ制度は日本のメディアをジャーナリストと役人が癒着したグループ構造にしてしまい、企業や当局に対する非常に強い依存、忠誠関係を作り出す。こうして日本のプレスは政治スキャンダルを取材するのに腰が引けてしまうことがよくあり、繊細な国内問題を扱うときは外国プレスを引用して済ませることもときどきある。


 2002年には国境なき記者団が日本の記者クラブ制度について「日本の状況に関する国内メディアからの情報と海外メディアからの情報がひどく違う」という事態を生みだしていると審判した。(翻訳ここまで)


 以下、記事を端折って紹介する。

▼東京電力は20年以上にわたって情報隠蔽を続けてきており、今回も情報の透明性のなさが国民の不安を招いている。

▼今回の危機では外側からの批判を受ける形で毎日新聞などの大メディアも姿勢を変えたが依然として「安全だ」と国民に呼びかけ続けている。


▼でも英語が読める日本人はBBCをチェックしているし、Twitterやソーシャルネットワークの利用者の間では、安全ばかり呼びかけ続けるメディアや御用学者たちは電力ロビイストの息がかかっているという不信が高まっている。


▼Twitter利用者たちは公共放送NHKの「とても尊敬されている」(←編注:原文ママ)キャスター堀潤や大メディア記者をフォローするだけでは飽き足りず、@earthquake_jpのような地震後につくられたアカウントも盛んにフォローしている。

電気料金の仕組み?日本の電気は世界でもとても高い!?

日本の電力料金の仕組みについて解りやすい記事があったので紹介します。

3tarou日誌:総括原価方式 from your UberNote Account より


******************************

そもそも、電気の値段はどのようにして決められるのでしょうか。我が国では電力のコストは電気事業法という法律に基づき、「総括原価方式」という 方法で計算されています。
この方式は、発電・送電・電力販売にかかわるすべての費用を「総括原価」としてコストに反映させ、さらにその上に一定の報酬率を上乗せした金額 が、電気の販売収入に等しくなるように電気料金を決めるやりかたです。

つまり、電力会社を経営するすべての費用をコストに転嫁することができる上に、一定の利益率まで保証されているという、決して赤字になら ないシステムです。これを電気事業法が保証しています。普通の民間企業ならば、利益を生み出すために必死でコストを削減する努力をするはずですが、電力会 社はどんなにコストがかかろうと、法律によってあらかじめ利益まで保証されているのです。
戦後の荒廃の中から経済復興をはかるために、公益性の高い電力事業を基幹産業として保護育成するためにとられた政策ですので、日本が経済発展をす るためには一定の歴史的役割があった方式ということもできます。
しかも、電気事業法は電力会社の地域独占も認めています。沖縄を含め全国を10のブロックに分け、それぞれの地域内では特定の電力会社以外、電力 を売ることができませんでした。つまり、電力会社には市場で競争するライバルがいなかったのです。
電力会社は民間企業であるとは言いながら、これほど手厚く法律によって保護されている企業はありません。産業が高度化し、多様化している現在、エ ネル ギーも石油やガスなど多様化しているわけで、電力だけが優遇されている電気事業法の仕組みは、歴史的使命を終えているのではないでしょうか。

この電気事業法に守られて、電力会社はコストを考えることなく、設備などを増強してきました。どんなにコストをかけようと、必ず儲けが保 証されるわけです。というよりコストをかければかけるほど、儲けが大きくなるしくみですから、原子力発電所など高価な設備をつくればつくるほど儲かること になります。しかし、その結果、電力会社は市場の競争原理にさらされることなく、日本の電力料金は欧米諸国にくらべひどく高くなってしまいまし た。民生用 に比べ割安の産業用電力料金を比較しても、日本の電力料金がいかに高いか、グラフから読み取ることが出来ます。
TOPへ


電力自由化がもたらすもの
市場の競争原理の働かない日本の電力料金は世界有数の高さといわれています。
さすがに、これでは世間の批判をかわせないということで、1995年からは電力事業の部分的自由化が段階的にはかられていて、順次拡大されていま す。一般 の企業などが発電した電力を売ることができるようになったり、また、電力会社以外の電力を買うこともだんだんできるようになっています。まだまだ制約は多 く、完全自由化に向けて議論をしているところです。
電力事業が完全に自由化されれば、原子力発電は経済的に不利だということが、あぶり出されてしまいます(この章の「この発電コストに含まれていな いそのほかの費用」などを参照)。このことは当の電力会社がもっともよく知っているはずです。
それだからこそ電力会社が電力の自由化をおそれている最大の理由は、原子力発電を抱えているために、市場での競争に負けてしまうことなのです。で すが、 「原発は安い」といって推進している建前からいって、そんなことは絶対に言うわけにはいかないのが電力会社の苦しいところです。

反原発の歌

忌野清志郎:サマータイムブルース?LOVE ME TENDER



THE BLUE HEARTS:チェルノブイリ

この子すごい!

批難覚悟で・・・・

藤波心ちゃんという中二のアイドルの子らしい、若いのにすごく考えて文章にしています。

すごいだけに、コメントの中に見受けられる一方的に批判している人間がやたら小さく見える。

がんばれ??!!!

以下、転載

************************

みなさんお元気ですか????


藤波心オフィシャルブログ『ここっぴーの★へそっぴー』Powered by Ameba-2011032322370000.jpg


こころです。ニコニコドキドキ


ぱじゃまでスマソ・・・・星空星




先日、

救援物資+義援金募金行ってきました。


藤波心オフィシャルブログ『ここっぴーの★へそっぴー』Powered by Ameba


藤波心オフィシャルブログ『ここっぴーの★へそっぴー』Powered by Ameba


藤波心オフィシャルブログ『ここっぴーの★へそっぴー』Powered by Ameba



安室奈美恵さん達のように

多額の寄付は

稼ぎの少ない

下っ端芸能人の私には

とうてい無理な金額ですが、



私の出来る範囲で

少額ですが少しでも被災地のみなさんに

役立ててもらえるよう、

物資+義援金送らせていただきました。


毎日、被災地から届くニュース映像は


涙なくしては見れません。しょぼんあせる


私も、芸能人のはしくれとして、


出来ることを、


これから色々考えて行きたいと


思っています・・・。




ところで・・・


汚染が広がっているようですねしょぼん


原発で懸命に冷却作業にあたっているみなさん、


被災者のみなさん、


折角育ててきた野菜を捨てなければならなくなった農家のみなさん・・・


テレビで見ていて、それぞれ本当に大変な状況だなと思います。


そして、今日に入って、都内の水道水にも放射性物質が・・・・。



一体汚染はどこまで広がるのでしょうか。




そして、いつまで続くのでしょうか・・・。




テレビでは、やたらと「安全性」ばかり強調しています。



「風評被害」に惑わされないで、


「冷静」に対応してと・・・。




汚染された野菜を食べ続けても安心です・・・。


汚染された水を飲み続けても安心です・・・。




個別の数値は低くても、


ただちに健康を害することはない? 量だったとしても、



微量とはいえ空気中の放射性物質を吸い続け、


微量とはいえ、汚染された野菜を食べ続け、

微量とはいえ、汚染された水を採り続ければ・・・


微量+微量+微量 


イコール→ はてなマークはてなマーク




しかも、そういう生活が1週間続くのか、


1カ月なのか、


1年なのか・・・・


3年なのか・・・



計算私あまり得意じゃないけど・・・・( ̄_ ̄ i)


影響があることくらい、


バカな厨房2年の私でも分かるのに!!




テレビは「冷静に対応してください」


しか言わない。



あまりにも大丈夫すぎて、心配・・・・。




挙句の果てには、


ラドン温泉などもあるように、少量の放射線なら体に良い?(笑)


とか、


「想定外」の


1000年に一度の大津波に、これだけ原発は耐えたのだから、


やはり日本の原発はすばらしい・・・???



とか、意味不明の原発絶賛???


訳の分からないコメントを言う専門家とかww




想定外だった、想定外だったって


みんな口をそろえて言うけど、


原発は、事故った時 甚大な被害がでるから、


「想定外」はあってはならないと思うんですケド…


私言ってること間違ってますかね・・・。





しかも、最近は、原発の危険性を言う人は、


危険をあおっていると、世の中は叩く傾向にあるようで、


これは何かおかしい流れだと思うのは私だけでしょうか??



風評被害を辞書で調べてみました。


→風評被害(ふうひょうひがい)とは、

災害、事故及び不適切又は虚偽の報道などの結果、

生産物の品質やサービスの低下を懸念して消費が減退し、

本来は直接関係のないほかの業者・従事者までが損害を受けること・・・。


実際は大したことないのに、

大げさに報道する・・・ガーン


→風評被害を生む報道




実際は大変深刻なのに、

大丈夫なように軽く報道する・・・ガーン



→ これは何て言うんですか???





私は冷静ですよ・・・。


危険をあおっているわけでもありません。




テレビはこんだけ安全・大丈夫って言い続けているので


そのうち、


「放射能を跳ね返す!! スーパー健康法」


とか


「放射能にも負けない!! 体質改善・げんき体力づくり」


特集とかやりだすんじゃないでスカ???・・・( ̄ー ̄;



そんなの、いくら頑張っても


跳ね返したり、勝ったり出来ませんから。


なんてったって、相手は放射能ですからね。





今の現状、私が思うのは・・・


テレビが言う、安全・大丈夫ではなく、


やっぱり「危険」なのだとおもいます。




どーんと爆発したり、急に明日何万人何十万人が


死ぬということはないかもしれないけど、


5年、10年の歳月を経て、じわじわ私たちを蝕むとおもいます。




原発のリスクとリターンを考えたら、


あきらかに、リスクが高すぎる。



原発のデメリットに比べたら火力や水力のデメリットなんて可愛いもんだと思う。



でも、日本ではいまだに、原発見直しの声はそれほど上がってこない。


むしろ、よく聞かれるのは「原発はやっぱり必要」という声。


おとなしい国民性なんでしょうか・・・。


それとも・・・・。


前回の記事で、私が原発について否定的なことを書いたら、


コメント・メールだけでなく、


事務所にまで抗議・意見のメールがきました・・・・。


どんだけ、原発をかばうんだよぉ。

どんだけ、日本て、平和なんだよぉ。


どんだけ、日本て、良い人(人が良い)が多いんだよぉ・・・。



まだ自分自身が被害に遭ってなくて、


直接危険が迫ってないから

そんなことが言えるのかな??





私なんて、ズルイ性格だから、


こんな現状を見ると、


もう、これっぽっちも信用できないけど・・・。




じゃあ、原発廃止したら、足らない分の電力は


どうするんだ!!って、言うけど、


それの答えは簡単。



今の原子力に頼らない電力の生活に


社会全体のシステムを変えればいいのです。


変えれますよ。


電力を絞れば、変わらざる得なくなる・・・。


初めは不便でも、やがて人間はそれに順応していく。

そんなことで、経済が落ち込んだりしても、


生活水準が下がっても、全然OK!!



原子力の事故で世の中がごちゃごちゃになるより


はるかに、リーズナブルで経済的。(*゚ー゚*)





私の家の近くに、数年前、大きな病院が出来たんです。


駐車場少なくて、いつも満車だったので、


駐車場の「混雑解消」のために、


更に、駐車場増やしたんですよ。



そしたら、どうなったとおもいますか???



駐車場不足が解消したのは


ほんの数カ月だけで、


駐車場が増えたら、


その分、みんな車で来る人の数が増えた!!




結局、駐車場増やしたのに、


駐車場不足は


今も、全然解消されていない。





電力もこれと似ていると思う。



ただ単に、容量増やせば、良いんじゃない。



人間の欲望ははてしないから。





サンドウィッチマン 伊達さんのブログに、


「テレビのインタビューの中で、東北の被災者のために、節電してますっていう人がいたけど、


まったくの大間違い。福島原発で作られる電力は全て首都圏に送られています。」


という事が書かれていました。


なんで、東京の電源を遠く離れた福島県につくるのか???


東京という大都会の電力を支えるために、犠牲になった福島県・・・。

 

住み慣れたふるさとを、

 

先祖代々受け継いだ、家や田畑や牧場を、放射能で汚されて、

 

福島県のみなさん本当にかわいそうだと思います。

 


これだけの状態になって、


それでも、原子力が必要だって言ってる人は、



失礼かもしれないけど、ある意味


もう、麻薬中毒みたいなもんだと思う。



あと、自分の意見だと思い込んでいるだけで、


実は、原子力は世の中に必要なんだという


だれかのPR 刷り込みだということを


気がついてないんじゃない?



よく麻薬中毒だった人が、インタビューとかで、


少量の麻薬なら、自分の仕事の効率上げるためには


必要悪なんだみたいな風に、自分に言い訳していた・・・。


とか言ってたの思い出します。



自分がどんどん蝕まれているのに


まったく気がつかない・・・。



いや、気づいているんだけど、やめられない。


薬やり始めた以上、


やめたら、


禁断症状でて、


もう、後には戻れないwwみたいなww




しょーもない、B級アイドルの私が


偉そうなこと言えた立場ではないことは、


よくわかってる。



電力関係・原発推進関係に携わっている人も多いから、


アイドルとしての立場の私は、賛成か反対かは


あまり明確にしない方が、本当は良いのかも知れない。



ラブ&ピース がんばろう日本!


みたいなことだけ言ってた方が、


アイドルとしては活動しやすいのかもしれない。



こういうこと書くと、ファン減るかもね。



でも、減ってもいいや。べーっだ!



私は中途半端なことは言いたくない。



人にどう言われようが、叩かれようが、


はっきりと、自分はこう思っているんだって


言うことを言いたい。



その結果、ファンが減っても、


私は仕方ないと思ってます。




原子力


それはまさにパンドラの箱です。


檻から解き放たれた 猛獣・・・。


いつ襲いかかるか分からない猛獣と


同居出来るほど 私は神経太くない・・・。


あなたはそれでも、


便利と引き換えに


これからも、


パンドラの箱を開きつづけますか???



今、日本は、色んな面で


考え直さないといけない時に来てるんじゃないですか?




私には、福島原発の煙が、


不謹慎かもしれませんが、


そんなパンドラの箱を開けてしまった私たちを死滅させる


巨大なバルサンか、ゴキジェットに見えます…。



藤波心


高効率ジャイロ式波力発電システム

首都圏は町の雰囲気が暗くなってきているから

関東の食べ物は口に入れられない・・

水道水まで汚れてしまったってことは、料理されたものはとても手をつけられないね。

ごはんもだめ、パンもだめ、ほとんどの食物は水を使っているのでだめ。

野菜とかはどこのものかわからないので手をつけられない。魚や肉などの食物連鎖のピラミッドの上部に位置するものはさらに放射能物質が凝縮されるのでもっとだめ。

放射能汚染というのは、いくら放射線を受けたから大丈夫とかダメとかいえるようなものではなくて、受ければ受けるほど白血病や癌などの病気になる確率が上がるというもの。

例えば、ドイツは政府として原発周辺と白血病の相関関係、つまり原発周辺では白血病の確率が高いことを厳密な調査の上明らかにしてしまっている。

○○ミリシーベルト以下だから大丈夫、などということは絶対に言えないのだ。なのにマスコミはそういうことを平気でいう。

また、食べ物も怖いけれども空気も怖い。人間は一日に5.5kgの空気を取り入れるらしい、ってことは内部被爆で一番気をつけるのは空気じゃないの?。

そういう意味でも関東には人は住める環境じゃなくなってきたなと強く思うのだ。しかも少なくともあと原発の状況が収まるまで数ヶ月から数年続く。ストレスもたまるだろうしね。

少し前の記事で東京は没落すると断言したけど、その一番の理由は首都圏の活気がはっきり落ちているから。輪番停電なんて、どこの頭の悪い首相が考えたのかしらないけれど、それに拍車をかけている。

こんなのだったら、西日本に逃げて大阪あたりで暮らしたほうが安全に楽しく暮らせるだろうと考える人が当然増えるわけなんだよね。または西に田舎のある人はそこに帰ることだって出来るわけで。

しかも、東京電力はこの状態で電気料金を値上げするなんて言っている。東京に住むことを疑問に思い始めた人が出てきている中であほすぎる提案だ。東京には住む魅力を失い始めたから、もうこれからは人が出て行くだけなのだから。

結果として、東京は在京メディアと霞ヶ関の官僚たち、そして大企業の利権屋たちと一緒に沈むことになる。

田中優さんのUSTが盛況だ



要点をいくつかまとめると

・原発の電力のコスト(ランニングコスト)は13.9円、対して一番高いといわれる水力発電では13.6円。実は原発は全ての発電方法で最も高い

・日本の電気料金は世界で最も高い。アメリカと比べて3倍もの高さ。そのため日本の製造業は国際競争力を失ってしまっている。

・電力施設で最もコストがかかっているものは、送電設備である。例えば青森から首都圏までの送電線に3兆円もかかっている。もし各地域に発電設備があれば送電線のコストはグンっと下がる

・アメリカが去年発表したところによると、自然エネルギーで最も高いといわれていた太陽発電のコストが原子力エネルギーのコストを下回った。しかも風力発電や波力発電はこれよりもずっと安い。

・地域ごとに電力を作る仕組みにすればよい

プルトニウムについて

プルトニウムとは人類が現在知ることの出来る物質の中で最も毒性が高く、角砂糖5個分で日本の全人口を殺すことが出来ると言われています。他の放射性物質も恐ろしいものですが、プルトニウムはその何万倍もの毒性を持ちます。

3号機はMOX燃料というものだけれども、このMOX燃料の中には3?6%のプルトニウムが含まれていると考えられています。

そして3号機の燃料は破損しているということ。。。

この意味するところが解るでしょうか。何シーベルト以下だから安全だとテレビや新聞はよく報道しますが、全然安全じゃない、ってことです。放射線量で計るよりも恐ろしい放射性物質が空中に飛散しており、それらは東日本の広範囲に散らばっているのですから。

私が首都圏が危ないと思っている理由の一つにこのプルトニウムのことがあるのです。

東京(首都圏)は没落への道を歩み始めた

放射能汚染による水道水、空気、土壌の汚染、首都圏3000万の食を支えて来た近隣県の壊滅的な農業被害、民の活力を奪う計画停電という愚行、それらによって起きる企業の首都圏脱出、そして人口の減少

10年後には日本の経済の中心は大阪になって、名目上の首都は京都になっているのでしょうね。

いわゆる利権というものは東京を頂点として成り立って来ました。マスコミは全て在京メディアですし、霞ヶ関も東京、不動産も東京。東京が没落するということは利権も一緒に没落するということになります。かなり乱暴な方法ですけど…。

今、都知事選をやってますが、なんか彼らは先が読めていないんだなぁと私などは感じます。

東京の汚染もかなりの水準に

☆核実験の3倍の降下物 「早く沈静化を」と専門家 (共同通信)

http://www.47news.jp/47topics/e/202433.php

http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/737.html

福島第1原発事故で東京に降り注いだ放射性物質のセシウム137は、最大となった降雨の21~22日に、1960年代前半まで行われた大気圏内核実験で1年間に降った量の3倍近くに達したことが25日、分かった。

チェルノブイリをはるかにしのぐ汚染状況も報告されている

皆さまへ 重複失礼します。転送・転載歓迎です。
グリーン・アクションと美浜の会より

福島第一原発から北西約40?の飯舘村の土壌汚染に関する
京大原子炉実験所安全研究グループ 今中哲二氏の汚染レベル推定

チェルノブイリ原発事故時の強制移住レベルの約6倍

全文は下記です。単位などが文字化けの可能性があります。HPにpdfもあります

2団体のHPに掲載
http://www.jca.apc.org/mihama/
http://www.greenaction-japan.org/

菅直人首相の選挙区で自宅もある武蔵野市は「計画停電」の対象外

武蔵野市は停電対象外 市議が要請か、首相自宅も

 東京電力は24日、東京都武蔵野市全域を計画停電の対象から除外していることを明らかにした。東電は、同市にはJR中央線や京王線、西武線が乗り入れているため「管轄する変電所を止めると、鉄道の運行に大きな影響が生じると判断した」と説明している。

 武蔵野市は菅直人首相の選挙区で、自宅がある。また、同市の松本清治市議会議員が東電に、計画停電の対象から除外するよう要請していたとされ、批判も出ている。

 東電は共同通信の取材に「(除外は)政治的な圧力があったためではない」と回答した。

 東電が計画停電を開始した14日、鉄道が大幅に運休するなどして混乱したため、鉄道への電力供給を優先するよう運用を見直し、結果として同市全域が15日から対象外になったという。

 一方、同市議は地元住民に配布したビラに「(武蔵野市を除外する)松本清治の要請が実現しました」と記載。インターネット上で「利益誘導」などと非難された。

 ホームページによると、同市議は1994?99年に菅氏の「随行秘書」を務めたという。(2011年3月24日 共同通信)

風評被害とは

風評被害の意味

根拠のない噂のために受ける被害。特に、事件や事故が発生した際に、不適切な報道がなされたために、本来は無関係であるはずの人々や団体までもが損害を受けること。例えば、ある会社の食品が原因で食中毒が発生した場合に、その食品そのものが危険であるかのような報道のために、他社の売れ行きにも影響が及ぶなど。


風評被害という言葉をこのころよく聞くけれども、根拠がある場合は風評被害とは言いません。

明らかに危険な場合は、まずは避けなければならない、これはどんな物事においても鉄則です。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。