スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7歳位までの子供は夢の中の住人

小さい子供は、大人がいう「現実世界」とは違った「ファンタジーのような世界」に生きています。

毎日色んな空想をし、身体を動かし、遊ぶという事で子供はファンタジーの世界を育くみます。

子供を無理やり「現実世界」に目覚めさせるのではなく、その期間しか体験できないファンタジーの世界で想像力を目いっぱい働かせることは重要です。大人になってからの感性、思考力、感情、忍耐力などといった特質をバランスよく発達させ、その子供が一生暮らしていくのに必要な心の糧となります。

では、子供の想像力を育てるにはどういうふうにすればよいでしょうか。

子供は全身が感覚器官で、想像力の源泉でもあり、表現する道具でもあります。身体全体で体感し、身体全体で表現するといえばいいでしょうか。

例えば絵本を読んであげる時、絵を見せながら読むと、子供はその絵に囚われて自由な発想がしにくくなります。絵を見せずにお話を物語ると、子供は心の中でいろいろと自由な発想でそのお話を想像します。

子供ができるだけ想像できるように、あまり過剰な情報を与えないようにする、そして自由な発想を大事にする事は重要です。

また子供にとって人形は自分の代わりです。お母さんが自分に接するのと同様に子供も人形相手に同じような事をします。それは模倣と言われるものですが、子供にとってはそれは親や兄弟など身近な人から様々な事を学ぶ一番の方法です。そして模倣を重ねる事で子供の中に想像力が育っていきます

子供が自分から行う事には意味があります。そういう自発性を損なう事なく、見守っていく事が大人になった時に必要な事の土台となるのです
スポンサーサイト

ライドオンスター

デュークさんのブーシュカを見る




ケンタ君とライドオンスター

殆どの人間は食べなきゃ死ぬ

衣食住、大切な順番に並べてみようブログネタ:衣食住、大切な順番に並べてみよう 参加中

私は食住衣


食は重要でしょ。インドには全く食べずに数十年生きてる人もいるらしいですが、殆どの人間は食べないとダメです。

住まいはそれなりにしないとですね。寝るところがなくなります。

衣料はぶっちゃけ、外に行くスーツ一着あればなんとでもなります。

てか、こんな問いは愚かな気がするけどね?。

あと大事なのは医と電です。この二つがないと現代生活では非常に困ります。

===================
衣食住、大切な順番に並べてみよう
>>みんなの投票結果は!?
・衣食住
・衣住食
・食住衣
・食衣住
・住衣食
・住食衣

確かに3Dジョーズは怖いな

3D映画に作り直してほしい、映画タイトル ブログネタ:3D映画に作り直してほしい、映画タイトル 参加中
本文はここから

最初に思いついたのが、ロードオブザリング。私はDVDを全て持っているほどの、この映画の大ファンなのですよ。JRRトールキンは偉大だな?。

タイタニックもいいかもしれない。ただ、アクションシーンが少なめなので、3Dであることをそれほど生かせるか、と考えると微妙なところかもしれない。

あと、スターウォーズとかも定番でしょうな。

でも、一番納得、と思ったのが、ジョーズです。たしかに。。。。怖い。。。絶叫してしまうでしょう。

猫のプレゼント

script_ameba_item,http://stat.present.ameba.jp/blog/js/ds/Nklb5be9imSDPlhtSd_Kg520100626172219.js?6IGW44Gq44KL44Kt44OG44KjJuODgOODi+OCqOODqw==:L2ltZy9kYXRhLzE2OTFfTF9NT0Iuc3dm::L2ltZy9kYXRhL0Y4M19MLmpwZw==:L2ltZy9kYXRhL0Y4M19NLmpwZw==

いただきました。

ありがとうございます。アルテイシアさん。

未知を見つける

世界はわからないことで満ちている。

今の人類が陥ってしまった間違いは、理性で全てがわかると思い込んでしまったこと。
でもそれは錯覚で、今の文明はそれに囚われてしまっている。

人は世界が未知で満ちていることを経験するために生きている部分もあるんだろう。

今日、新しいものを見つけた。知らなかったことを知った。それは自分自身、そして宇宙の心に響き、さらなる未知を呼び起こす。

宇宙の始まり以前のことは解らないし、終わり以後のことは解らない。時間は宇宙とともに生まれるなら、宇宙の始まりと終わりは同時に起きているともいえる。

宇宙の始まりと終わりが同時。これはすごいことを言っていることに気づかないかしら。宇宙の始まりと終わりに数百億年もの時間の経過がありながら、それは実は同時ということは、これは人間の理性を超えたことについて言っていることになる。つまり宇宙は人知を超えている、ということになる。

それでも、宇宙を自分の理性のみで理解しよう、というのが今の人類文明の性格でもあるし、限界でもある。

その限界を超えるには、世界に未知のことがあるということを認識するということが第一のステップになる。

世界は人類の理解をはるかに超えている。そういうところから始まる文明というものがあるだろう。

マイブーム







妻が言うには、森口は偉大だということです。

靴は変えます

雨の日、なに履く?ブログネタ:雨の日、なに履く? 参加中


雨の日用の靴を履きますね。水を弾くゴアテックスの靴に変えたりします。

やっぱりちょっと濡れ方が少しましだと感じます。濡れにくいかな?

でも他には特に履いたりというのはないですかね。靴下は予備は持っててもいいのでしょうけれど…。

髪は長い友達

昔かっこいいと思ってやっていたことブログネタ:昔かっこいいと思ってやっていたこと 参加中


今はほとんど見かけませんが、昔は長髪なるものが流行ってましたね。今考えるとなんと暑苦しい…。

そんな事もあって肩の辺りまで髪を伸ばしてましたよ。今はショート位の髪型ですっきりしていますが。

後は金髪にした事もありますし、髭を蓄えた事もあります。

まぁ、そんな事は誰にでもあるんでしょうなぁ?。そして結局面倒じゃないところに落ち着きます。だって長髪は面倒なんだもの!

参戦すべし!

氷室さんのライブツアーが約2年振りにあるということで…。

これは行かないといけない!!!でも去年までのようにどこでも行けるってわけにはいかないなぁ。

まだよく詳細が解ってないんだけど、ファンクラブにとにかく入ろうということで、入りましたw
今まで入っていなかったのです。。w

さぁ、がんばって行くぞ??!

人気ブログランキングへ

スプーンおばさん



この頃はこういうアニメが少ないような気がする。

ちなみにこちらが

スプーンおばさん

の動画

昔はこういういいアニメがあって情操教育とか出来てたな?。

凧にしちゃいました

デュークさんのブーシュカを見る


食器棚が届いた。

今日は、先週頼んだ食器棚が午前中に届きました。



キッチンの横に置いていろいろと使いやすい、このタイプにしました。

食器が今まで収納が困っていたのですが、これで一気に片付きました。今まで食器を置いていたところに、なべを配置して取り出しやすくなりました。

まだまだ、片付いてはいないのですが、片付いたらダイニングはすっきりするかな?っと期待しています。

釣り

昨日、ピグで釣りをしておりました。

釣果はそこそこでした。マダコとブリが強かったかな?。

そんな感じです

企業団体献金全面禁止を

菅総理に期待したいこと ブログネタ:菅総理に期待したいこと 参加中
 菅直人首相は15日午後、参院本会議での各党代表質問で、企業・団体献金の扱いについて「全面禁止することによって不祥事の再発を防止すべきだ。速やかに(与野党の)協議機関を設置し、建設的な議論をしてもらいたい」と述べ、政治資金規正法改正に向けた協議に応じるよう野党に呼び掛けた。自民党の西田昌司氏への答弁。
 企業・団体献金に関しては、民主党が鳩山由紀夫前首相や小沢一郎前幹事長の政治資金問題を受け、全面禁止するための規正法の改正を野党に提案。しかし、国会での与野党対立の影響で、改正案の提出は先送りされた。民主党は17日に発表する参院選マニフェスト(政権公約)に全面禁止を盛り込む方針だ。
 一方、自民党の佐藤正久氏が靖国神社参拝について見解をただしたのに対し、首相は「在任中に参拝するつもりはない」と明言。「これまで個人的には何度も参拝したことがある」とした上で、「靖国神社にはA級戦犯が合祀(ごうし)されている。首相や閣僚の公式参拝は問題がある」と指摘した。
 永住外国人への地方参政権付与については「(実現を目指す民主党の)姿勢に変更はない。しかし、この問題はさまざまな意見があり、各党でしっかり議論してもらうことが必要だ」と語り、慎重に対応する考えを示した。
 また、仲井真弘多沖縄県知事との15日午前の会談に関し、「これをスタートとしてしっかりと沖縄の皆さんと話を続けていきたい」として、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の県内移設方針への地元の理解を得るため努力していく考えを改めて強調した。

企業団体全面禁止、鳩山首相のときはどうも動きませんでしたが、菅首相だと動きそうな気がします。企業団体献金をほとんど受けられない社民連での立候補だったので、与党の人たちを説得しやすい人物でもあります。実際、企業団体献金を菅さんは今も殆どもらっていません。

企業献金や団体献金でいろいろと政治家が攻撃されますが、そういうつまらないことを終わらせるには、大元の企業や団体からの献金を禁止してしまえばいいだけです。
菅首相は、そういうところからの献金をほとんど受けなくても議員当選でき、首相にまで上り詰めることが出来るという生きた見本でもあるのですから。

国民のメディアリテラシーの欠乏


マスコミは自分達に都合のよい事しか流さず、自分達に都合の悪い事や人は攻撃したりするということがさっぱり解ってない人は多いな、とあらためて思います。

何度もこのブログで指摘してるけど、マスコミというのは国民を洗脳するための装置です。例えばマスコミはある人が自分達にとって都合が悪ければ実際は悪い人間でなくとも徹底的にそういう印象を与えるようにテレビや新聞などで印象操作します。

反対に彼らにとって都合のいい人物は反対におだてて、いい印象がつくようにテレビ画面で英雄のように印象操作します。

マスコミは決して信じてはいけません。嘘の情報と印象で騙す事は日常茶飯事に行うのですから。


人気ブログランキングへ

消費税の軽減税率


昨日の国会質疑で、菅首相は消費税の軽減税率について発言した。

軽減税率とは、生活必需品の消費税率を抑えて、高価な必需品ではないものの消費税率を上げる税制の事である。外国の消費税を導入しているところの殆どではこのシステムになっている。

例えば食品は3%の税率、車などの高級品は10%とするなどである。

日本の消費税の仕組みは世界的にみておかしくて、生活の苦しい人からも同等にとってしまっていた。それが貧富の差を広げ日本の成長を妨げていたわけだ。これを是正するならば軽減税率の導入を考えるのは正しい議論である。

菅首相は社会民主主義的な考え方をする人で、消費税に関しての考えには頭を捻ってしまう部分があった。

私は今の景気は良くないため増税はするべきではないと考えている。しかし、将来に向けて軽減税率の導入は考える必要はあるのではないかと思う。


人気ブログランキングへ

郵政が民営化され、株式が売却されると日本財政は破綻する可能性がある

日本郵政の資産は約350兆円ほどある。

これは世界の金融機関の中でもダントツの金額だ。

この郵政の資金で日本国債が大量に買われている。

では、例えば郵政の実質的な経営権がどこかの誰かに渡ったとしよう。そしてその人が日本の国債を全て売却してしまえばどうなるだろうか。

国家にとって国債を大量に売られるということは大変なことである。それによって国債が売れなくなり、結果としてデフォルトになれば国家破産である。

郵政民営化がここまで騒がれるようなこととなっているのは、こういうことがあるからなのである。

マスコミは洗脳装置

だからマスコミがいうことは全て嘘だと考えてみればいい。

もちろん嘘と本当の事が入り交じっているけれどね

今のマスコミというのは戦時中の大本営発表みたいなものだ。奴らは本当に気持ち悪い。気付かない方も気付かない方だが。

自分の頭の中で物語を組み立てない

人間の妄想というのは、どこから来るか。

それは自分の中で物語を作る事から始まると思う。

最初は単なる事実誤認の事が多い。

彼はああいう人だ、彼女はそういう人だ。そういうレッテルを貼る事によって、その人達のイメージを作って行くのだろう。物事に対しても同じように、レッテルを張って区分けしていく。でもそういうイメージや区分けが間違えている事だってあるのにね。

それが積もり積もる事で、ますます事実から掛け離れた判断を行う事になっていく。他人からみれば、それっておかしくない?と思う事でも、その人は正しいと思い込んでいる事だから、人からの指摘は効果がない。もうその段階になれば妄想みたいになってしまっているのだから。

事実をそのまま見るということは、解らない事を解らない事のまま置いておく事でもある。自分には解らないからといって勝手に事実かどうか解らないストーリーを頭の中で組み立てると、ますます事実から遠ざかるのだから。

NY州が週明けにデフォルト

このニュースは日本のメディアではほとんど流れないようですね。

リーマンショックから始まった世界経済の崩壊は少しずつ進んでいるようです。
ニューヨークをそのままデフォルトさせるわけにはいかず、アメリカFRBはその肩代わりをすることになるということです。

とりあえずFRBが一時的に肩代わりをしたとしても、いつまでその状況が持つか。いずれは崩壊することは間違いないく、その崩壊は国債、そして通貨つまり米ドルにまで影響することになります。

今まで世界が現代社会の矛盾が、こういう形で現れ始めています。世界にはびこる貧富の差、戦争、飢餓、そういうものの上に世界のシステムは成り立っています。遠いところの国々のことだからあまり関係ないことのように思わされているけれども、世界は相互に有機的に結びついています。アフリカのどこかで飢餓で苦しんでいる人たちがいることの上に、飽食日本の状態があったりします。戦争が起こっていることの上にアメリカの繁栄があったりします。

おかしなことなんだけれども、こういうことがおかしいと思えなくなったことが現代人の深い病なのでしょうか。

こういうシステムが行き過ぎたことで、システムが矛盾に耐え切れなくなり一回古いシステムが崩壊する、それが今の世界中で起こっていることです。

NYのデフォルトもそのひとつですが、それはFRBが肩代わりすることで何もないことのように思わされます。でも事態は見えないところで進行していきます。

これから何がどうなるか、神のみぞ知る、というところでしょうね。

日本振興銀行の問題

やっと・・・、というかついに出てきました。こういうものが。

<日本振興銀行>「法令違反のデパート」 信頼回復道険しく

こういうことが出てくることを政権交代では私は期待していたわけです。自民党政権下で行われた様々な犯罪、それを暴くことが政権交代の目的だと私は思っています。というのも、それがしっかりと表に出てこないと前に進む障害になってしまうのですから。

菅政権に関しては、今まで民主党を支持していた人ほど手痛い批判が行われています。でも、所信表明演説を読めば解るとおり、菅政権は鳩山政権を引き継いでいる部分は少なくありません。そして、それを引き継いでいるということは、こういう自民党政権下の闇が出てくることにも繋がるわけで。

50年自民党が続いてきたということは、闇は深いです。まさか、と思ってしまうことがだんだんと出てくることになります。

そして、それが新しい時代を切り開くために必要なことになるのです。

新しい冷蔵庫

今まで、一人用の140Lしか入らない冷蔵庫だったのですが、今回思い切って340Lの冷蔵庫を買いました。

今までずっと中に入りきらなくて、いろいろなものを外に出していたのが、全て冷蔵庫の中に。ダイニングもかなりすっきりした感じに。

野菜なども大きな野菜室がついていて、外に出しておくということがなくなりました。

さて、次は食器の収納場所がない、ということでニトリの適当な食器棚を注文しました。

いつ届くか。早く届いてほしいな?、片付かないし、という今の台所の状況です。

生きていく事は


人任せにする事はできない。自分が生きて来た結果は全て自分に帰って来る。

人に言われた通りにしても、その人が責任を取るわけにはいかない。

生まれてから死ぬまで、自分の生き方なんだ。

人から奪う事で、生きようとする人もいる。人に与える事で生きようとする人もいる。

生きるということは、人生において自分にはどうしようもない事が最終的に口を開けて待っていることを知っていくという事であり、その最期の時にどういう風にこの世を去るかは自分の人生においての最大の答なのだ。


人気ブログランキングへ

政界再編

小沢さんが仕組んだかどうかは解らないが、この通りに進みつつあるのは間違いない。民主党が参院選で勝ち、自民党惨敗、自民党は徐々に解体、そしていずれ民主党が二つに分裂する事になるだろう。

田中良紹の「国会探検」「政界再編が準備されつつある」 http://bit.ly/8YmqP2

やくざと巨人で売ってるとは・・・・

私の親しい友人の編集者(40代)は、読売新聞を受験し、最終面接まで行ったことがある。まだかのナベツネ氏は社長にはなっていないが、重役で、最終面接の場には臨席していた。数人の学生が面接の場に臨んでいたが、その場で一人の学生が思い切った質問、というか、意見陳述を始めたという。

続き。その学生はナベツネ氏ら、読売幹部を前にして、こう言った。「新聞の拡販は、ヤクザみたいな人間がいて、あちこちで問題を起こしています。社会の木鐸たる新聞がそんなヤクザ者を使って、拡販をしていていいのでしょうか!?」。横で聞いていた私の友人は、(おおっ、すげえ奴)と思ったという。

では続き(笑)。社会的正義感あふれた青年の主張にナベツネ氏。大声で「バカヤロウ!」と一喝した。「ウチの新聞は、ヤクザと巨人で売ってるんだ! 文句あっか!」。大新聞社の最終面接の場で、こんな開き直りの暴言を聞くとは思いもよらず、私の友人は(す、すげーっ!)と心の中で叫んだという。

続き。友人は結局。読売に進まず、出版社に入社した。落ちたのか、最終面接での「事件」で自ら入社を辞退したのか、それはさておき。ヤクザな拡販についてモノ申した青年が、その後、無事、読売に入社したかどうかは定かではない。

岩上安身氏のツイッターより

これは面白すぎます。。。w


まぁ、読売はやくざとつるんでいるのは結構有名な話なんで、驚くようなことでもないんですけどね。

マスコミは嘘つき


単純にそれだけ知っていればいい。

彼らは本当の事を国民に知らせないための存在でしかなく、同じ事をテレビなどで言う事で国民を洗脳するものなのだ。


人気ブログランキングへ

3歩進んで2歩下がる


それでも一歩分進んでるんだから、いいんだと思います。

物事はそんなに簡単に変わらないのだから、もうちょっと気長に待てば、というのが私の意見です。


人気ブログランキングへ

取調べ可視化について、千葉法相のコメント

完全に忘れ去られたように見受けられる「取調べ可視化」

今日のツイッターで江川紹子さんが興味深いコメントをしていました。

amneris84(江川紹子さん)
きのうのシンポで同席した千葉景子法相に、可視化について「亀井氏が郵政にかける意気込みでやってもらいたい」と煽ってみた。千葉法相「絶対に成し遂げなければならないと固い決意です。壁はあるが、必ず実現させる」と断言。

官僚の抵抗というのは、これほど大きなものなのだな、と解る言葉だと思う。千葉法相は可視化を求める人たちにとっては評価は高くない。
でも可視化を進められないから全然だめ、というのではなく、これほど官僚の抵抗がすさまじいということを知って、応援するのが一番国民がするべきことなのだな、と思う。

そもそも亀井さんのような、海千山千の実績も実力もある政治家と比べるのが可哀想なのだとも思う。

菅政権の経済政策とは

菅新政権が明日正式に発足することになる。

ツイッターやブログ上では、いろいろな憶測や思い込みが飛び交っている。小沢派を外した形の体制になることで、小沢さんを応援していた人たちからは批判を受けている。そして小沢氏に批判的な人達からはいくつもの要望が上がったりしている。

私が思うのは、小沢?反小沢(個人名の前に”反”って付くのはおかしくない?!)という二者択一では物事の大事な部分を見過ごしてしまうな、ということだ。

そこで、菅さんの経済政策についてちょっと語ってみたいと思う。

菅さんは去年積極財政派の亀井さんと補正予算に関してバトルをしていて、菅さんが2.7兆円に対し、亀井さんは10兆円と強く主張した。(亀井氏vs菅氏 「二番底バトル」勝負の行方)結局これは7.2兆円ということになって補正予算が通過した。

また、菅さんは同じころ構造改革派の竹中平蔵とバトルしている。(菅副総理と竹中元経財相がバトル 成長戦略めぐり議論)この議論もまた平行線で、菅さんと竹中(当然呼び捨て)の間の溝が大きいこともはっきりしている。

積極財政路線でも、その反対の構造改革路線でもないというのが菅さんの経済政策なんだということが解ったのだけれども、さてそれでは菅さんの考えている経済政策とはどういうものなのだろうと疑問に思っていた。

そこで、今日ツイッターで、菅さんが「誤解だらけの構造改革」という本を周りの人に勧めていたということが流れていた。これはどういうことを言っている本なのだろうと調べてみると、小泉竹中の構造改革を批判しながらも、単純な積極財政を進めるのでもない内容だった。(小野善康著「誤解だらけの構造改革」の紹介

この本から二つほど私の興味を引いた部分を抜き出してみた。

”…単純な公共事業反対派は、失業という形で、無駄な公共事業と同じく貴重な労働資源を無駄にしているのにもかかわらず、そのような認識すらなく、自分の主張は無駄を減らすのに役立つと確信している。正義感にあふれ、罪の意識がまるでないのである。”

“現実に失業者があふれているとき、彼らを活用することを考えるべきだという主張に対し、これに反対する構造改革派のもうひとつの論拠として、非効率部門の温存がある。しかし考えてみれば、もっとも非効率な部門は失業部門だから、曲がりなりにも働いている人を辞めさせて失業を増やしておいて、そうしなければ非効率部門を温存すると非難するのは、まったく筋違いである。”

この本の趣旨のひとつは、市場に失業者が溢れているということは、それだけ貴重な労働資源を無駄にしているということである。これは間違いなく正しい。失業者が何かの仕事に就いて働けるだけでも、それだけ労働力が有効活用されているといえる。

今の日本の失業率は公には5%前後とされている。潜在的には10%前後とも言われている。

例えば単純に次のように考えてみよう。
今の日本の労働力を100と仮定してみる。もし、失業率が5%から0%になったと仮定すると、その時の労働力は今より、

100×(100÷95)=約105(%)

ほど増えることになる。

また、失業率が10%から0%になると、

100×(100÷90)=約111(%)

に増えることになる。

失業者を減らすだけで労働力は単純に増えるということになる。

もちろん失業率0%なんていうのは、現実世界にはないことだけれども、これが1%や2%になるだけでも、労働力が単純に増えるのはわかると思う。

菅さんの考える経済政策というのが、今までよくわからなかったのだけれども、この視点で考えていくと管さんが今まで発言してきたことが結びつく。

単なる構造改革でも積極財政でもない方向を、菅さんは考えているのだと納得できる。そして、多分その方向で行けば、日本の経済は少なくとも悪くはならない。

3年か4年か、民主党政権は続くことになるだろうから、その間に今までの自民党政権下の問題をあぶりだしていくことも可能になるだろうし、私は菅民主党に期待できるものは少なくないと思う。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。