スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄の人が普天間のことについて書いていること

沖縄県出身のナガハマヒロキのネオトーキョー絵巻さんが、普天間問題について書かれているので、ぜひとも読んでほしいと思い、紹介します。

普天間基地問題について本気で書いたので、読んでください。

ちょっと勇気を出して普天間基地移設問題について書いてみたいと思います。
マジで書くので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

まず、昔からあったこの問題を今回、何がここまで怒らせたかと言うと、

県民をただ単に期待させてしまったからじゃないと思うんです。

自民党政権だったころは、普天間基地の辺野古への移設が確定してしまっていたのだけれど、

それでも辺野古の人たちは移設させまいと当番制で座り込みを続けてきた。
しかし、当時とは県政も変わり、市長も変わり、政権も変わって、
本格的に普天間基地は県外に移設してもらえるもんだと当然のように期待した。


県外移設と言っても、
県外に負担を押し付けたいという気持ちはない。
ただただ矢くしてしまって欲しいという気持ちが溢れただけの話。



沖縄のことを考えてくれている鳩山代表の言葉を信じた。

でも結局八方美人がバレて、振り回されるだけ振り回されて現行案に戻った。
しかも事後報告で全く筋を通さないやり方で。

こんな最大のチャンス、国民みんなで国の安全保障と沖縄の基地問題に

向き合えるチャンスができたというのに、結局一周回って現行案にまた落ち着く。

これではもう何をやっても沖縄から基地が無くならないのではないかという

絶望感が、もうそれを通り越して怒りに変わって行ってると思うんです。
民意も反映されない。植民地同然のような扱いで。

納得いく言葉ひとつなくて「理解を頂きたい」の一点張りで。

沖縄の優しい人たちも、同情する隙間もない今回の姿勢。

日米関係が大事なのは重々承知。

でも、総理はひとつでも民意を背負ってオバマと交渉してくれたのか?
「基地の縮小という案も模索しませんか?」っていう一言を言ってくれたのか?
政権が変わっても相変わらず、もの言うこともできないのか?

もうこの国の民主主義は終わってしまった。

その絶望感が今回の怒りだと思います。


また、沖縄と本土(ここでは抽象的な意。)での感触についても思うことがあります。


どうもメディアでは面白みのある「鳩山バッシング」をするために

普天間問題を引き合いに出してる感はある。
野党議員もこれまた、普天間問題を引き合いに出して与党バッシングに勤しむ。

そうじゃなくて、同じ日本国民であり、

国会議員なんだから一緒になってみんなで考えていかんと。
見てて、当事者たちはダシにされてるなぁって思うよ。
国防とどんなに密なテーマであるかが伝わってない。

そして、どこか他人行儀な人たち。

千葉県の森田健一知事は全国知事会で、
「総理は沖縄の問題を全国に飛び火させる気か。」と言ったらしい。
ひとつの県の一首長がこんな発言。国防関連なんだからもともと全国で扱う問題だろ。

何も知らない無知な人は、日本のために沖縄は犠牲になれという。

でも今までどれだけ沖縄は犠牲になってきたのか。

第二次世界大戦では地上戦が行われ、
約50万人の人口のうち民間人だけで約10万人も死んだ。
そんな土地に人殺しの訓練をする基地のほとんどがある。
えぐられた傷にハバネロこすりつけているようなもんですよ本来。


沖縄の主張は決して一方的なものではない。

小学校や大学にヘリが墜ちたことすら知らない人に、我慢しれとか言われたくない。
それ言うなら、ある程度勉強してから消化した上で言って欲しい。

だから僕は、例えば最近で言うと
八ッ場ダムの問題なんかは、
税の歳出に関わるみんな知らないといけない問題だと思うから解ろうとする。
無知ではいけないと思うから、普天間以外のことも解ろうとする。
当事者意識の薄い人たちに投げかけるという上で、僕が無知なら説得力がなくて意味がない。
今回、主観だけで書いているわけではない。

だから、みんなにも分かって欲しい。

なんでこんなに沖縄の人たちが憤っているかを。
単なる一過性の怒りじゃないことを。
そして国全体の問題なんだと。

普通だったら暴動レベルだと思うけど、沖縄の人は平和を望むから暴力は使わない。

琉球愛歌/モンゴル800
の、「琉球の心、武力使わず自然を愛する」
という歌詞がここに来てズシンと響く。


当たり前の話だが実は県内にも推進派はいる。

経済面で基地の恩恵を受けていることも反対派の人たちはみんな承知している。
でもこの先100年、200年同じ状況を続けて行かないといけないのか?
県経済も今、基地依存を脱却しないでいつ踏ん張ろう。

苦しいかもしれないけど、きれいごとを言っていきませんか?

みんながきれいごと言っとけば綺麗が実現すると思います。
だから僕は前は基地と経済を天秤に掛けてたけど、きれいごとを言うことにしました。

とにかく、抑止力でしか世界平和が実現できないとなれば悲しすぎる。


本当は、

誰もがいらないと思っている武力のために、
誰もが美しいと思っている海が消えるのは、いかがなものか。
国民みんなで、絶望はくつがえせないのか。
スポンサーサイト

日本の植民地状態からの脱出はそう容易ではない!(修正しました)

今の日本は実質アメリカの植民地状態であり、自国のことを簡単には決められないことがはっきりしたのだと思う。

これだけであきらめてしまえば、この国の本当の独立は達成できない。インドやフィリピンが独立するためにどれだけの苦労したかを考えれば簡単なものではないということだ。

形の上では日本は独立したことになっているから、植民地だという自覚がないのかもしれない。でも、外国の軍隊を日本においておきながら、「おかしい」と思わないこと自体、強い植民地洗脳が行われているということでもある。

普天間問題というのは、もともと自民党が地元の同意がなく日米で決めてしまったことが間違いである。

そして、その間違いを直そうとしたのは良くとも、結局官僚に鳩山総理は丸め込まれてしまった。正確には官僚と官僚と意思を通じた北沢・前原・岡田大臣、そして平野官房長官たちである。

日本の植民地状態はとても深く根強い。民主党政権以外で県外や国外を言い出したことはなかった。
自民党は最初から辺野古のみであったし、公明党も自民党と同じ穴の狢。みんなの党は普天間問題を民主党政権の攻撃の種にしていてどういう解決をしようとしているのか、ということを全く言わない。

今の民主党政権以上のことを野党のどこかが行えるかというと、かなり怪しいとしかいえない。

4年間は民主党政権を応援すると決めた。

多分鳩山内閣は崩壊する。でも、3年後の総選挙のときに、官僚利権がいくらか撤廃され、日米関係を牛耳らないような感じになっておけば、それからの日本はアメリカのいいなりにならない国に少しは近づけるのではないか、と思う。

結局

日本はアメリカの植民地だってことだ。

そして日本は沖縄を植民地としてしまっている。

植民地の入れ子構造みたいなもの。

そして、あと30年は日本の植民地状態は続きそうだな。

沖縄の怒り

普天間問題 「沖縄差別そのものだ」…撤回求め徹底抗戦

 「地元の頭越しの日米合意は無効だ」「沖縄の反撃はこれからだ」。日米両政府が28日に発表した米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に関する共同声明は、移設先を同県名護市の「辺野古」と明記した。地元の了解のないまま、両政府が一方的に移設先について合意したことに、沖縄県では県内各地で激しい怒りの声が渦巻いた。県外移設を求める声は強まるばかりで、沖縄は徹底抗戦の構えだ。【斎藤良太、徳野仁子、井本義親】

 移設先とされた名護市では、日米共同声明に抗議する緊急市民集会が市役所中庭であった。市などが主催し、雨の中、約1200人(主催者発表)が参加。地元の頭越しでの日米合意に激しい怒りをぶつけた。

 市民代表として登壇した農業、比嘉盛順さん(70)が「マグマのような怒りが煮えたぎっている。人をだますようなことをして、首相と言えるのか。基地問題に苦しむ人に手をさしのべるのが、真の友愛ではないのか。これからが本当の闘いだ」と決意を表明すると、会場から拍手や歓声がわいた。

 集会は最後に「沖縄にさらに新たな基地を押しつけようとする合意は『沖縄差別』そのもの」として日米共同声明の撤回を求めるアピール文を採択した。

 また、那覇市の県庁前広場であった抗議集会にも、労組や市民ら約1500人(主催者発表)が駆けつけた。

 県選出国会議員や県議らが次々とマイクを握り、日米共同声明の破棄などを訴えた。民主党の瑞慶覧長敏衆院議員(沖縄4区)が「本土の民主党と沖縄の民主党は違う。地元合意のない共同声明には何の意味もない」と訴えると、会場からは拍手が起こった。

 最後に「日米合意を県民は認めないぞ」「基地の県内たらい回しをやめろ」などとシュプレヒコールで気勢を上げた。

2014年までに移設完了などといっている。勝手なこといいなさんな。

民主党政権も自民党政権と同じことやるんかね。でも、もう同じことは出来ない。

もう時代は変わっている。上から押さえつけるような、4,50年前と同じことはもうできないことを国民が示すだけだ。

う?ん。。

社民は連立離脱することになりそうです。

で、多分民主は国民新党を合わせても過半数を取れないことになるでしょう。さすがに今度の普天間問題では失望が多かったし、社民党を切ることで、選挙協力が出来ない体勢になるでしょうし。

そうすると、鳩山首相は辞任、次の総理は民主党の誰かさん。順当に考えれば管さんなんでしょうけれども。

それでも3年は民主党政権は続く形にはなるかもしれません。どこかを連立に引き込むか、あるいは他政党から人を民主党に引っこ抜くか。わかりませんけれども。

ここで気になるのが小沢さん周辺。小沢さんは今回の普天間問題ではあまり発言はしていないものの、辺野古案は反対だったようだ。小沢さんがどういう形で動くか。

それにしても、鳩山首相は読みが甘すぎる。普天間問題を頑張るなんて言ってるけれど、多分総理大臣でいられるのはあともうちょっとだけだよ。

東京某所にて…

半分はアトムの髪型でもう半分は剃っている髪型の兄ちゃんがいた。

今まで見たなかで一番衝撃的(笑撃的)な髪型の人だったよ

上田ブログ

あの高名な学者の上田次郎氏がブログを始められたということを知っていますか。

「天才の私から君へ」

相変わらず、なんというプライドの高い言葉ww

これから毎日拝読することにいたしますw

25日の亀井大臣のインタビュー。これは一読の価値がありました。

亀井大臣:
私は昨日も総理と30分くらいサシで話をしておるんだけどね、総理はやっぱし変わってないんです。相変わらずやはりね、日米あれこれ対等な立場で、これは安全保障の一つの一環として、これ基地の問題なわけですからね。そういう立場でこれを解決するというような、あの人とね、昨日私もだいぶいろいろ話をしたんだけど、変わらないんですよね。
だけども現実の問題としてね、5月30日というね、ご自身の努力目標を具体的に設定されちゃったから。マスコミがガンガン、それまでにやらんと公約違反だという形でね、やりまくるんで、そういうことの中で、現時点においての安全と騒音の問題を解決する選択肢の一つとしてね、本州の中でいくらいろいろやってもなかなかね、「私のとこで引き受けますよ」というというところ今出てきてないでしょ。そういう状況の中で一つの選択肢の一つとしてとして、辺野古とね、周辺といういうこと、現時点ではそれもあり得るということで。それなら沖縄県の方にね、今の時点で理解を求めたいということで、総理いかれたわけですからね。
だから辺野古の方はね、一つの選択肢の一つなんですよ。だから相変わらず県外へ国外へね、というこれがやれないかということは、総理は今後努力すると思いますよ。あー、もう努力する、これは当然する、私は昨日もお話ししたんだけど、それは当然する。
ただ、現時点においての選択肢の一つとして辺野古を考えねばならなければならない場合も出てくるんで、沖縄県の方に一つご理解とご協力を願えんかということで行かれたんでね。今ILA(?)なんだこれは。それは別にあそこを最終決着してね、もうてこでも動かんという形での、コウシ(?)というわけでもないんでね。
まあアメリカというか、日米、今ね、防衛大臣が行ってるようだけども、その中で選択肢の中の一つとしてのそのことを取り上げていくということについては協議の中身になるだろうと思うけどね。それは結論じゃない。沖縄がうんと言わなきゃだめでしょ。両党がうんと言わなければだめでしょ。連立である以上はね。最終結論じゃないんですよ、これはね。
それがどうもね、社民党や国民新党数が少ないもんだから、あんたちに軽視されるもんだからね、どうもそういう捕らえ方がされがちなんだよね。やっぱしそれはね、社民党や国民新党が同意をし、沖縄県も同意したものが最終案なんだ。それが今出てる状況じゃないでしょ。
だからそれは一つの選択肢の一つとして日米間でね、今協議をしているという話であって。そういう姿を総理としては具体的に見せたということでしょう。

【必見】5月25日亀井静香大臣第2記者会見(一部書き起こしあり)

売国奴マスコミ

マスコミの売国奴ぶりは目に余る。

やつらは日本国民を自分たちのいいように操る国務機関と化している。そんなやつらがこんな調査結果を出したようだ。ちなみにツイートはジャーナリストの岩上安見さんのものである。

「鳩山内閣の支持率、政府案が辺野古に決まったとたん、上昇の怪。新聞・テレビ、いいかげんにしろよ、と言いたくなる。そこまでご都合主義か。米国の軍産複合体のごり押し要求に内閣が膝を屈したら、手のひら返し。占領軍の御用新聞。」

「「報道2001」の調査、「鳩山、退陣すべし」が47%から44%に。内閣支持率は、26%から31・4%に上昇。この数日、辺野古以外に何かあった?」

ありえんだろ、これ。変な世論操作としかいえん。

辺野古はもちろん、日本にはこれ以上米軍基地はいらん。日本人以外のやつらは米軍基地が必要だと勝手に言いやがれ。

これは独立戦争、そして相手は売国官僚どもと売国マスコミどもだ。やつらは決して許さない。

I love Himurock!!!



最高だぜ?。さすが氷室、渋すぎっ!!

バレーボール日本代表チームとアントニオ猪木


昨日、今日は友人の結婚式のため、実家に帰っていました。

昨日の結婚式は無事終わり、今日はGさんのお墓参りに行ってきました。

その道中、あるうどん屋に行ったのですが、そこでバレーボール日本代表の人達と出くわしました。どうも香川で合宿していて、うどん屋に団体で行ったらしい。ある一角は彼らの貸し切りみたいな感じでした

そして、高松空港から羽田空港への便で、なんとあのアントニオ猪木氏と同じ飛行機になり、当然ながら?ファーストクラスでした。

いやぁ、すごい事もあるものです


人気ブログランキングへ

アメリカにとって最良の選択は?

辺野古移設は空約束にしかならない。

空約束をアメリカにしても数十年も着工が出来なくなるしかない。そんな無理な事を約束するより、日本には受け入れ可能な土地はありません、としっかりとアメリカに言って断念してもらう方がアメリカの軍事計画も前に進むはずだと思うがいかがだろうか?

日本が普天間移設先を再度話し合いたいと提案して、アメリカがOKを出したということはどういうことか解るだろうか。今まで13年も待たされて着工出来ないまま。辺野古移設派は再度話し合う必要はないと思っていたはず。それなのにOKをしたということは、アメリカにもいい加減に計画の立つ場所に決めたいと考える人はいるということ。

アメリカ内のそういう人たちに対して、また空約束をする事は誠意に欠けた事ではないだろうか。

官僚主導の日本の政治


結局、この国は官僚主導の国家なんだという事を強く思う。

外務官僚と防衛官僚が、ことごとく普天間国外移設の可能性を潰してしまった。首相の指導力がないとも言えなくはないが、官僚の狡猾な罠にはまってしまった。官僚が自分達の利権を守るため、普天間移設問題の裏で暗躍していた事には、どのマスコミも当然ながら触れないままだ。

この国は官僚とマスコミが淘汰されないうちは、政治主導は実現できない。

どういう風に官僚とマスコミの力を削ぐかに、これからの日本の浮沈はかかっていると言える。


人気ブログランキングへ

独立への道のりは長く険しい


国民の多くが米軍の国外移設を望みながら出来ないということは、日本はアメリカの属国か植民地であるということである。

そして大問題は日本人の多くは日本が独立国だと思っている。未だに占領されているという事に気付いていない。

日本はこれからさらに長い衰退の時代に入るかもしれない


人気ブログランキングへ

属国日本の独立戦争

日本国民が外国の軍隊を要らないといっても追い出せない。

これは属国であることを何よりも証明している事柄である。

昭和20年8月15日をもって、日本はアメリカの植民地となった。そして形ばかりは独立しながらも、ずっとアメリカの属国状態。それは今でも続いている。

まだ、独立戦争が始まって半年ばかり。これで引き下がってしまえば、いつまでたってもアメリカに操られたままだ。

腹立たしいかもしれないが、それが現在の事実である。

鳩山民主党内閣は次期衆院選まで続かないといけない。今、自民清和会が復活すると、また国民の意見が完全に無視される政治が復活するだけだ。

民主党政権になってから、いくらか今までの膿は暴かれだした。ザ・スクープで検察の裏金について特集された。内閣官房機密費が評論家などに配られていた事も表沙汰にされた。

先は長くとも停滞した今までの場所からは、ようやく離れられる事になる。

社民党は普天間で腹立たしいし悔しいかも知れないが、連立を離脱しては駄目だ。膿を出しきらないといつまでもこのような事ばかり続く。そのためには内閣の一員としてはっきりと物言わないと、外野からものを言ったところでほとんど意味がない。

独立までの長い道のりを短いはずだと勘違いしてはいけない。戦後65年ずっと変わって来なかったものなのだ。それには時間がかかるということを肝に銘じる必要がある。

かんぽの宿 鑑定評価額221億円、1週間で97億円に

かんぽの宿 鑑定評価額221億円、1週間で97億円に

日本郵政が保養宿泊施設「かんぽの宿」などをオリックス不動産に一括譲渡しようとした問題で、民営化前の日本郵政公社が2007年8月の不動産鑑定評価の際、鑑定業者に2回にわたり評価の再検討を求めるなどして、1週間で評価額が当初の約221億円から約97億円に減っていたことが関係者の話で分かった。

 一括譲渡が白紙撤回された後、日本郵政や鑑定業者が昨年、総務省の聞き取り調査に説明し、経過が判明した。会計検査院は今年3月、評価額について「本来の価格より相当低く算定され、資産価値を適切に反映していない可能性もある」と指摘していた。評価額が短期間に急減したことや、郵政側の関与が初めて明らかになった。

 関係者によると、総務省の聞き取り調査の内容では、日本郵政公社が、07年10月1日に民営化のため公社を解散する際の決算に備えて、かんぽの宿など70施設の不動産鑑定を3社に依頼。70施設を分担して鑑定した3社は8月24日に評価額を計約221億円と内示した。

 これに対し、郵政公社や民営化準備企画会社の関係者らは「実際に売れる額なのか再検討してほしい」などと要請。3社は4?6日後に2回目の評価額として計約125億円を内示した。だが、郵政公社側はこの金額にも納得せず、「本当にこの値段で買い手がつくのか」「1億円を超える施設は売れない」などと発言したという。このため、3社のうち、69施設を鑑定した2社がさらに価格を下げて8月31日までに提出し、計約97億円を示した。

 同日に郵政公社と鑑定業者が交わした電子メールの内容によると、郵政公社側が「度々の依頼となってしまい、大変お手数をお掛けしております」と送信。業者は「これが鑑定評価としての限界かと思われます」と返信していた。

昨日の3大ニュース


一つ目はザ・スクープで、検察裏金の事が報道された事。

二つ目はその裏番組のたかじんの番組(大阪)で官房機密費が評論家に配られていた事を上杉隆氏が暴露、その後の評論家の狼狽ようがテレビで流された事。

三つ目は普天間基地を17000人の人間の鎖が囲んだこと。これは東京でも大々的なニュースとして報じられている。東京新聞は1面記事、朝日・毎日は1面にカラー写真で社会面に記事、読売は2面記事、3Kは報じず。これは報道の腐敗度のバロメータともなる。

政権交代によって雰囲気は変わってはいるのだろう。でも普天間問題を自民党と同じ決着しかできないようでは国民の落胆は大きくなる。

政権が変わるからには、外交の仕方も変えないと意味がない。結果としての普天間国内移設断念を強く求めたい。


人気ブログランキングへ

ホワイトハウスが慌ただしい


クリントン国務長官が21日に急に日本に来る事になった。これってかなり異例な事じゃないのかな。

因みに以前クリントン国務長官が日本を訪れたのは去年の2月頃らしい。

やはり普天間の事で日本を訪れるのは明白で、日本の外交のトップ2、つまり鳩山総理と岡田外相と会談するということ。

ツイッターなどを見ていると、5月末に普天間を決めたいのはアメリカの方だということ。なんで5末と思っていた人も多いだろうけど、それはアメリカ側の都合で、日本は5末でなくとも問題はないようだ。

16日には北マリアナの知事がホワイトハウスに招かれている。

はっきり言えるのは、アメリカ政府は普天間決着に焦り出したということ。

そして、実務者協議の頭を通り越して、ホワイトハウスと官邸の間で決定される可能性が出て来たということだ。


人気ブログランキングへ

鳩山総理の狙い


一体、普天間問題を5月末までに決めるということで何をしたかったのか。

言える事は、国民的な議論を起こしたかったということは言えると思う。

沖縄に基地がずっとあったが、本土ではその存在すら殆ど意識すらされなかった事。実際に沖縄にどれくらいの基地があり、沖縄のどれほどの面積を占めているか。マスコミが騒いでくれた事で、嫌でもデータがインプットされた人は多いと思う。

首相が今月4日に沖縄に行った際に、抑止力という言葉を口にした。考えてみれば、あれは抑止力について議論させたかったのだと思う。わざと抑止力を肯定的に発言する事で。

そんな騒動になれば、普通に疑問が湧くわけだ。

「日本に在日米軍は必要なの?」という。

沖縄や徳之島が反対している報道を見る事で、「そんなに米軍が嫌なら、米軍には国外に行ってもらえばいいじゃないの?」って普通に思うだろう。

そこで国防という話になるけれど、自衛隊で国防は出来ないの、と疑問にも思う事だろう。

なんか迷走しているように見えながら、いろんな事を考えさせるようなパフォーマンスをしている。問題はどこからどこまでパフォーマンスなのか解らない、ということだけれど。

私が注目する点は鳩山首相と小沢さんのラインが非常に強固だということ。どちらも自主防衛論の持ち主である。

かなり綿密に政権交代後にどういう対応をしていくか、その前後に話し合った事だろう。

やはり最初から移設先などは決めていた。全て決めた上でこういう議論を起こしたのが、本当のところなのだと思う。

議論を起こす事で、行おうとすることに道筋を付けるために。


人気ブログランキングへ

バンドラの箱は沖縄で開いて、九州、そして日本全国へ


47都道府県の知事会で沖縄の米軍基地の負担分散を求めていくという話がでてきた。

つまりは、東京でも大阪でも名古屋でも、米軍受け入れの可能性を探るという事である。

沖縄の反対の声が大きくて、徳之島の反対も大きくなり、さて次は、と思っていたら、全国という話になってきた。

私が思うに、米軍が嫌ならば、日本のどこかに置くのではなく、日本にはいらないとはっきり言えばいいのである。自分の住んでいないところにあるから気にしなくても、自分の住んでいるところに出来たらどうか?考えてみて嫌なら嫌といえばいい。そして、自分が嫌な事は日本のどこに住む人の多くも嫌だろうなと想像する。

この頃マスコミでいろいろ言われている「政府案」とは、外務官僚や防衛官僚の作成した案である。彼ら官僚には最初から沖縄という頭しかなくて作ってるから、沖縄という不可能な案しか出て来ない。そこにはいろんな打算が働いてるのだろうが。

そういう官僚の論理で今までの日本は動かされて来て、今また官僚の考えるとおりの日本のままにしておこうという力が働いているのだろうけれども、そんなのはもうごめんではないか。そんな官僚主義には退場願いたいと思わないだろうか。

さて、沖縄からの火は全国へ飛び火した。多分鳩山首相あたりはそれを狙っているのだと思うが、この飛び火は日本全国に米軍というものが本当に必要かを考えさせる、よいきっかけになるだろうと思う。

そしてアメリカは日本の世論というものを非常に気にしている。この米軍憎しという感情が嘉手納基地や横田基地に飛び火する事を恐れている。

もともとアメリカは普天間はグアムに移設する予定だったのが自民党と官僚の強い要請で辺野古に移設になった。

アメリカ側にとってはさして重要でもない、普天間基地に対して強い反発を招き嘉手納と横田に飛び火する事は避けたい。どこかでアメリカが引いて日本国内断念という事になりそうだ。



人気ブログランキングへ

グアム・北マリアナの知事の面会希望を官邸が蹴った

普天間基地の代替施設として招致に前向きなグアムと北マリアナの知事が、13日に来日し鳩山首相と面会を希望していたが、どうも官邸が蹴ったようで、それがツイッターでは結構騒がれている。

民主党の川内議員6名がテニアンとサイパンを視察して、その際に首相宛の親書を受け取った。その親書に13日に来日するので面会して欲しいということが書かれてあって、鳩山首相も面会希望をしたけれども、官邸の反対にあって出来ないことになった。

16日には、両知事はアメリカホワイトハウスに行って、オバマ大統領と面会することになっている。

ザ・スクープで、検察裏金問題が放送される予定

ついに報道されることになりました。

***************************

2010/05/16 14:00?15:25 の放送内容 テレビ朝日

* ザ・スクープスペシャル
* 追跡…三陸ミステリー!鳥越俊太郎と長野智子が迫る岩手少女殺害事件の真相とは?断崖絶壁から忽然と消えた容疑者。指名手配された男性は本当に犯人なのか?
* もう一つの特集は、鳥越俊太郎に「検察の裏金」を実名顔出しで告発する直前に逮捕された元検察幹部が刑務所を出所。彼が体験した壮絶な8年と、前代未聞の逮捕劇の裏側に隠された真相に迫る。はたして、それは「口封じ逮捕」だったのか?
* 出演 鳥越俊太郎、長野智子

***************************

8年前、検察裏金を告発しようとする直前に冤罪で逮捕された三井環氏が再度、ザスクープに出演するようです。

放映が決定するまで、検察の妨害があるかもしれないということで、放映について公表できなかったようです。今は放映が決定したので、バンバン宣伝してください、ということらしいです。

ついに、検察機裏金(調査活動費)問題がメディアに!!

ネット上では大きく騒がれていましたからね。公然の秘密ということでしょう。検察がこれから圧力をかける、ということになったら、ますます検察にとっては窮地に陥るだけでしょうか。

ぜひ、時間のある方はテレビをご覧になってください。

不可能だから不可解

何度も同じ事を繰り返すようだけど、普天間移設先が沖縄県内というのは不可解過ぎる。

私が言いたいのは反対だという事ではなくて、着工すら不可能となってしまった場所に決める意味があるの?という事。この前大集会があって、もう沖縄県内では基地反対の声が非常に大きくなってしまった。工事しようとしても常に妨害が入る事は確実なわけで、もし政府間で決定したとしても、2、30年くらいずっと頓挫したままになる。

絶対に作れない基地をアメリカに約束したまんま、その間も世界一危険だと言われる普天間基地が使われ続ける。これでは何のために移設しようとするのか意味不明だ。

そういうこともあって、いろいろ考えていくと、やっぱりこれには伏線があるのだろうな、という結論に達する。

それを裏付けるように、普天間の国内移設の協議は難航している。それは、反対の声が非常に大きくて、建設できるのか非常に怪しい基地を提示されるアメリカ側にとっては、訝しく感じるわけで。現実に作ろうなんて話しになればなるほど壁にぶつかるわけだ。もちろんそれ以外の理由もあろうが。

先日、テニアンからの鳩山首相あての親書を民主党の川内議員が預かって帰ってきた。テニアンは沖縄と違って、住民は賛成している。広い土地も提供できるし、あとは水道や電気などのインフラ整備のみという状態なのである。整備するお金さえあれば、沖縄よりいい条件が多く揃うわけだ。

どういう結論になるかは、まだ解らない。私としては、さらに別の伏線、アメリカの軍縮を受けた移設先なしの普天間の閉鎖、という風に想像しているわけなのだけれども。

人気ブログランキングへ

殿が二匹でサイクリング中

デュークさんのブーシュカを見る


ニヤン国憲法


第1条 全てのニャンコは法の元に平等であるニャ

第2条 全てのニャンコに基本的猫権を認めるニャ

第3条 全てのニャンコはかけがえのないニャンコだニャ

第4条 後は適当だニャ


人気ブログランキングへ

金融商品とは何か


株式や債権等には世界の証券会社などがランク付けしています。

ランクが上がると価格が上がり、ランクが下がると価格が下がります。

なんで証券会社がランク付けするの?と疑問に思ったら目の付け所はいいでしょう。

ランク付けの前からどこの会社のランクが上がるか知ってればぼろ儲けですよね。ランク付けを事前に知る事の出来る人ったちは…?

なんの事はなくて、こういうのは最初から出来レースです。ランク付けする事で儲ける人達がいます。

一時期、株式投資が凄く持て囃されましたね。個人株主が増えた事で一次的に株価は上がりました。でも今は下がってます。

もうお分かりでしょうか。株式ブームというのは株価を吊り上げるために作られたものです。なんて事はない、より多くのお金が株式市場に流れれば株価は上がりますから。

もう、多くの人はこのからくりに気付いてると思います。リーマンショック以降、こういう事はわかってしまいましたね。

何故なら証券会社などでリーマンショックを予言したところはないですから。

人を騙す事を生業にする人達は消えるのみです。もうマネーゲームの復活はありませんしね。


人気ブログランキングへ

機密費

テレビに出ている評論家などの多くが、自民党の前政権から官房機密費を受け取っていたことは、ネット上で騒がれている。ツイッターなどでは普天間と同じくらい、この話題でいっぱいだ。

それにも関わらず、テレビは殆ど放映しない。こういうことには完全に沈黙するとは、マスコミというのはろくでもない組織だと思う。

ネットで、この機密費を受け取ったのではないかとささやかれている人たちは次の人たちである。

爆笑問題、北野たけし、テリー伊藤、三宅久之、みのもんた、辛坊次郎、田勢康弘、古舘伊知郎、宮崎哲弥、財部誠一、田原総一朗、浜田幸一、岩見隆夫、岸井成格、大谷昭宏、星浩、田崎史郎、渡部恒雄、青山繁晴、池上彰、屋山太郎、橋本五郎

これほどに騒ぎが大きくなってしまえば、しっかりと誰が受け取ったかリストを公表したほうがいいと思うのだけれども。そうでないと、本当は受け取っていないひとも受け取ったとされてしまうことになるのだから。

こういうことを全く報道しないあたりは、マスコミは全く信用できない。自分は裏金を受け取っておきながら、人のお金について批判するなんて資格はないのである。

沖縄の痛みは分け合うものではなく、なくすものだ。

「沖縄の痛み、なくすもの」基地反対、鹿児島集会

5月8日12時7分配信 読売新聞


 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、鹿児島県・徳之島への基地機能移転に反対する県民集会が8日、約5000人(主催者発表)が参加し、鹿児島市中央公園で開かれた。鳩山首相との7日の会談で、受け入れ拒否を伝えた徳之島の3町長や伊藤祐一郎知事も出席し、3町長は「民意は断固反対」と訴えた。

 「絆」「怒」の2文字が書かれたパネルが置かれたステージで、徳之島出身者や主婦ら4人が「沖縄の痛みは、分け合うものではなく、なくすものだ」などと意見表明。参加者が「徳之島の心はひとつ」「基地はいらない」などと書いたプラカードを掲げてこたえた。

 大久保明・伊仙町長は「沖縄の基地負担をなくすのは、軍縮以外に方法はない。鹿児島県内に基地を造らせないという思いを共有していただき、今後も支援を」と訴えた。大久幸助・天城町長、高岡秀規・徳之島町長もそれぞれ受け入れ拒否をアピールした。

 伊藤知事は当初、一部の政党が参加していないことを理由に出席に難色を示していたが、3町長とともに壇上に並び、「基地機能の移転には断固反対。道のりは長いが、3町長と足並みをそろえて対応していきたい」と強調した。

 集会はJAグループ鹿児島や鹿児島市在住の徳之島出身者グループなどで構成する実行委員会の呼びかけで開かれた。3月に移設反対を全会一致で決議した県議会からは、世話人として自民、公明、共産党の県議が超党派で名を連ねた。民主、社民党系の県議や連合鹿児島は「メーデー集会などですでに反対を表明している」として参加を見送った。

米軍基地は、自分の住んでいるところには欲しくない。なら、沖縄だって当然そうなのだ。

徳之島の人たちも、普天間基地の移設先は要らないと、はっきり言っている。自分たちのいるところにはいらないといいながら、別の地域にあれば良いなどと、自分勝手なことを言えるだろうか。

沖縄や徳之島の運動から言えることは、日本の国内には沖縄にも沖縄以外にも普天間基地の移転先はないということだ。そして普天間基地も沖縄にはいらない。

その結果は、普天間基地の閉鎖か国外移設かはわからないが、それはアメリカが決めることである。

日本国民の腹はそういうことで決まっていることを、アメリカに対しはっきりと言うことが政治の役割である。

「米軍に普天間基地の代替施設は必要ない! 日本は結束して無条件の閉鎖を求めよ」

元CIA顧問の大物政治学者が緊急提言
「米軍に普天間基地の代替施設は必要ない!
日本は結束して無条件の閉鎖を求めよ」
独占インタビュー チャルマーズ・ジョンソン 日本政策研究所(JPRI)所長

普天間基地問題の決着期限が迫るなか、鳩山政権は辺野古沿岸につくる桟橋滑走路と、徳之島の既存の空港を併用する移設案を提案した。しかし、地元や米国側の同意を得られる見通しは立っておらず、日本国内は鳩山政権批判一色に染まっている。しかし批判するだけでは何も変わらない。そもそも同基地の代替施設の不要論は米国内にもある。東アジア研究の大家で、CIAの顧問を務めた経験もあるチャルマーズ・ジョンソン 元カリフォルニア大学政治学教授は、日本国内にはすでに十分すぎる米軍基地があり、日本国民は結束して普天間基地の無条件閉鎖を求めるべきだと提言する。・・・・

自分の住んでいるところに米軍基地があると想像してください。毎日の騒音、それをあなたは受け入れられるでしょうか。米軍ヘリなどが住宅地の上を飛び回り、いつ事故で落ちるか解らない、そういう状況をどう思われますか。

普通の人なら嫌ですよね。それが自分の住んでいないところならいいでしょうか。やっぱりそこに住む人も嫌がりますよね。自分の受け入れられないことは、人が受け入れられるなんて考え方は虫が良すぎると思います。

日本の国のどこも米軍基地を受け入れたくありません。ならば、日本に米軍基地を作らないこと、それが答えではないでしょうか。

国外あるいは閉鎖かはわかりませんが、日本人は普天間問題は沖縄だけの問題ではなく、日本全体の問題だと認める必要があるのではないでしょうか。自分の家の近くに米軍基地があったらどうだろう?と少しでも想像して、日本国内のどこの特異な人がそういうものを受け入れることができるだろう、と考えてみてはいかがでしょうか。

まさかと思うけど


普天間問題は問題ですらなかったかも。

普天間基地は単になくなる。移設先で騒いでたのは日本だけだったのだろうな。アメリカは移設先すらいらなかったという。

アメリカは一枚岩では全然ない。確かに軍事を生業にしてる人達もいて、彼らにとってお金を出してくれる日本というカモは葱と札束を運んでくれていただろう。

でも、その一方で軍事の増長を気に入らない人たちもいる。彼らはアメリカの予算を圧迫し、世界中で戦争を引き起こしたり問題を起こす自国の軍隊をどうすれば止められるか考えていただろう。彼らを軍縮派と言っていい。

USAとアメリカ軍の財布は一緒ではない。アメリカ軍は日本からお金を吸い取りながら、USAの国防予算も湯水のように使う。アメリカの予算が逼迫している事を知っている人達にとっては、国防費を減らす事は必須であるのだ。そこへ来て日本で普天間問題が持ち上がるのは、嬉しい事だったろう。これは軍備縮小の大義名分になる。

普天間問題はアメリカが退く事で解決する。殆どの人は考える事すらなかった不思議な幕引きとなる事だろう。


人気ブログランキングへ
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。