スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風力発電で原発40基分の発電可能 環境省試算

朝日新聞の記事より

私たちがずっと言い続けてきたことです。風力発電は十分大型化できます。

しかもこれは風力発電だけ(国土のみ)で、海上での風力発電や他の自然エネルギー(波力発電、地熱発電、太陽光発電など)の発電方法は試算していません。

それらを含めればもっと多くの発電は可能だといえます。

風力発電で原発40基分の発電可能 環境省試算

 環境省は21日、国内で自然エネルギーを導入した場合にどの程度の発電量が見込めるか、試算した結果を発表した。風力発電を普及できる余地が最も大きく、低い稼働率を考慮しても、最大で原発40基分の発電量が見込める結果となった。風の強い東北地方では、原発3?11基分が風力でまかなえる計算だ。

 同省は震災復興にあたり、風力発電を含めた自然エネルギーの導入を提案していく方針だ。

 今回の試算は、理論上可能な最大導入量から、土地利用や技術上の制約を差し引き、さらに事業として採算性を確保できることを条件に加えた。

 試算によると、固定価格買い取り制度など震災前に政府が決めていた普及策だけでも、風力なら日本全体で約2400万?1億4千万キロワット分を導入できる。風が吹いているときだけ発電するため、稼働率を24%と仮定。それでも出力100万キロワットで稼働率85%と仮定した場合の原発約7?40基分に相当する。

 ただし東北など電力需要を上回る発電量が期待できる地域がある一方で、電力会社間の送電能力には現状では限界がある。試算どおりに導入するのは短期的には難しいとみられている。

 家庭以外の公共施設や耕作放棄地などを利用する太陽光発電や、用水路などを活用する小規模の水力発電についても検討したが、多くの導入量は見込めなかった。これらを普及させるには、さらに技術開発を促すなど追加的な政策が必要だという。

スポンサーサイト

『福島の女子高生の詩』

福島の女子高生の詩です

こちらが、この女子高生の方のブログであることを、ブロ友のusacoさんが教えてくださいました。

000ab-timeさんのブログ



■真実

助けてください
福島県南相馬市の
女子高校生です

わたしは友達を津波で
なくしました
私の友達は
両親をなくしました
私の無二の大親友は
南相馬でガソリンが
ないため避難できずにいます

電話やメールでしか
励ますことしかできません

親友は今も放射能の恐怖と
戦ってます

だけどもう、諦めてました

まだ16なのに
死を覚悟してるんです
じわじわと死を感じてるんです

もし助かったとしても
この先放射能の恐怖と
隣り合せなんです

政治家も国家も
マスコミも専門家も
原発上層部も全てが敵です
嘘つきです

テレビでは原発のことが
放送されなくなりつつあります
同じ津波の映像や
マスコミの心ない
インタビュー
口先だけの哀悼の意
被災を『天罰』と言った政治家

政治家はお給料でも
貯金でも叩いて助けて下さい

彼らの贅沢をやめて
被災者を生きさせて下さい

命令ばかりしないで、
安全な場所から見てないで、
現地で身体をはって助けてください

私達は・・・見捨てられました
おそらく福島は隔離されます

完全に見捨てられます
国に殺されます

私達、被災地の人間は
この先ずっと
被災者を見捨てた国を、
許さないし恨み続けます

これを見てくれた人に
伝えたいです

いつ自分の大切な人が
いなくなるかわからないです
今隣で笑ってる人が
急にいなくなることを
考えてみてください

そしてその人を
今よりもっと大切にして下さい
今、青春時代をすごす
学校が遺体安置所になってます
体育や部活をやった
体育館にはもう二度と
動かない人達が横たわってます

どうしたら真実を
一人でも多くの人に
伝えられるのか・・・
一人でも見て貰えれば幸いです
考えた末、勝手ながら
この場をお借りしました
ごめんなさい、そして
ありがとうございます






下のURLの資料の最後の方に載っています。
『福島原発メルトダウン』
http://www.asahi-net.or.jp/~pu4i-aok/cooldata2/politics/politics27.htm



この詩は、サイト運営者からの転載の許可をいただいているとのことです。

厚生労働省、食品の暫定規制値で、「後になって影響がでるかも」

厚生労働省は現在の食品の暫定規制値では影響が出ると認めていた。

放射能についていくらか調べて知っている者からすれば、放射能はほんの少しであっても影響が出ることは当然であり、改めていう必要はないことかもしれない。しかし、それを官僚が認めたということは大きい意味があることだと思う。

厚生労働省、食品の暫定規制値で、「後になって影響がでるかも」

美浜の会という団体をご存知だろうか。美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会で、さまざまな活動を行っている。

この美浜の会を含む全国168団体が、3月24日に共同で公開質問書「直ちに人体に影響は出ない」を厚生労働省に提出した。これを受け、3月28日、午後2時から30分という時間限定で、厚生労働省が交渉に応じた。

交渉には、関西、九州、首都圏から60名ほどの市民が参加した。場所は、参議院議員会館会議室。厚生労働省から出席したのは、医薬食品局食品安全部企画情報課の佐久間課長補佐と基準審査課の内海係長の二名だった。

その内容をここで抜粋して紹介したいと思う。


美浜の会 3月28日厚労省との交渉報告より

Q.「ただちに影響がでるレベル」とはどのようなレベルなのか、またその影響とはどのような人体的影響なのか。

「厚労省としてははっきりしていない」と語った。参加者はあまりの回答に驚き、何回か確認したが、これが役所としての回答だということだった。「どのような人体影響なのか」については、「ガンの発生リスクがあがる」と語り、どのようなガンなのかについては、具体的に答えることもなかった。

ICRP(国際放射線防護委員会)の集団線量評価では、例えば、1mSvの被曝を2万人が受けた場合、一人のガン死というリスク。念のために、これを知っているのかと問うた。すると、ICRPの集団被曝線量のリスクについては「知りません」と語った。

枝野官房長官は、食品の暫定規制値について、「このレベルを一生食べ続けても直ちに影響はない」と強弁している。では、暫定規制値のレベルで被曝量はいくらかになるのかを確認した。暫定規定値に従えば、飲料水と食品の摂取だけで、1年間で17mSvの被曝(実効線量)になると認めた。
・放射性ヨウ素(甲状腺への等価線量で年50mSv) 全身に換算すると年に約2mSv
・放射性セシウム 年5mSv
・ウランとプルトニウムはそれぞれ 年5mSv
これらを合計して、食品だけで年に17mSvになると認めた。

17mSvもの被曝で、晩発性の健康影響はないのかと問うた。すると「後になって健康影響がでるかも知れない」と小さな声で答えた。非常にあいまいな表現ではあるが、後になって健康影響が出ないとは言えなかった。

人の被曝は、飲料水や食品による被曝に加え、空気や土壌からの外部被曝、及び空気中の放射能の吸入による内部被曝が加算され、全体としての被曝量になることを認めた。それでは、これら全体の被曝についてはどこが管理しているのかと問うた。すると、原子力安全委員会や原子力安全・保安院の名前などを挙げながら、結局「分からない」との答えだった。

放射能については全く知識もない。しかし、食品の暫定規定値を決めたり、「人体に影響なし」などを繰り返している。厚労省は、国民の生命と健康を守ることが最大の仕事であるはずだ。無責任にも程がある。

交渉参加者は、最後に、「3月28日厚生労働省との交渉を踏まえた要望書」(8項目)を手渡した。首相と厚生労働大臣宛のこの要望書は、その日の内に、福島みずほ議員事務所を通じて、官邸にもFAXで送付した。
要望書では、住民避難の拡大や、農業・酪農従事者への被害補償、移転補償を行うこと等を求めている。

ーー抜粋ここまでーー

昨日、被曝は足し算という話を書いたばかりだったが、この厚労省の返答には啞然とした。やはり自己防衛しかないということだろうか。

〔放射能測定〕横浜市青葉台の地表での数値がけっこう高い

〔放射能測定〕横浜市青葉台の地表での数値がけっこう高い

771 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(catv?)[sage]
投稿日:2011/04/13(水) 16:11:58.44 ID:KIniNjn00 [3/5]

約5000Bq/平方メートル 地表面での線量率・核種は不明・ガンマ線ベータ線のみ計測 @横浜市青葉台

ちなみに空に向けると、1/10くらいに下がる。



819 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(東京都)[]
投稿日:2011/04/13(水) 16:15:47.65 ID:s7gB/X0K0 [64/65]
結構高いな・・・・・・まだ1ヶ月なのに



パエトーン

漫画家の山岸涼子さんの短編です。

パエトーン

以下、紹介文です。

 こちらは潮出版社無料WEBコミックのページです。
 遠いむかし、神になり代われると思いあがった若者・パエトーンをめぐる悲劇。ギリシャ神話に描かれたこの物語を現代に展開し、原子力発電の是非について世に問いかけた山岸凉子の短編作品『パエトーン』(1988年作品)を、今回Webにて特別公開させていただくこととなりました。

「原子力発電」の必要性や安全性については賛否様々なご意見があると思いますが、本作品をひとつの問題提起と捉え、将来的なエネルギー問題を議論してゆく上での一助としていただければ幸いです。

なお本作品は、山岸凉子スペシャルセレクション?『夏の寓話』に収録されています



プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。