スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギザのピラミッド

この頃、興味を引かれて、エジプトのギザのピラミッドについていろいろと調べていました。

このギザにあるピラミッド群(3つのピラミッドとスフィンクス)、ともかく不思議な建物群で、その特徴をいくつか挙げると。

1.大ピラミッドの4つの底辺は東西南北とほぼ完全に一致する。その誤差は円弧で0.5度以内である。このピラミッドの巨大さとこの精度の高さを両立しているのは驚異である。

2.底辺の長さの合計と高さの比率が、2π:1となっている。

3.このギザのピラミッド群はエジプト第4王朝に作られたと考えられているが、第三王朝とも、後の第五王朝、第六王朝のものと比べて規模、技術、精度とも突出している。

4.スフィンクスには多量の降雨がないと作られないような侵食の跡があると地質学者たちが認めている。エジプトでそれだけの量の降雨があったのは、紀元前1万年以上前である。

1については東西南北を正確に測る事のできる道具や技術も当然、その頃のエジプトにはないと考えられる。方位磁針が発明されたのは11世紀ごろで、しかも方位磁針では大体の方角はわかるものの、正確に測ることは非常に難しい。

2について、円周率πに関しては第四王朝の紀元前2500年ごろには発見されていない(円周率の歴史)。

3は、普通は後の世代のものが高い技術で作られたと思うのだけれども、ギザのピラミッドだけが突出している。これは例えば、初代Tフォードが製造されていて、いきなり最新型ポルシェが製造され、そのあと初代Tフォードに戻ったようなものである。

4について。風でも浸食は起こるものの、横に柔らかい層が彫られるような形での侵食しか起こらない。スフィンクスの侵食は縦に侵食されていて、しかも固い層も侵食されている。このような侵食は雨で長い間の風雨にさらされること以外にはない。

それ以外にも不思議な点はてんこ盛りです。その巨石一つ一つの大きさは、多分今の技術でも数十年かかっても作ることは出来ないだろうと思われます。
また、ピラミッド内部の石棺は花崗岩で作られているのだけれども、この花崗岩は非常に硬く、今の技術でもこのように作ることは不可能だとされています。

こういう不思議なピラミッドの謎を、検証していくと現在よりも技術的に進んだ文明が大昔にあって、その文明がピラミッドを作ったとしか考えられません。

アトランティスやムー大陸といわれたような文明が私たちの文明の前にもあった。その最後の技術の結晶の一つがピラミッドであったというのは、このような謎を説明できる考え方だと思われます。
スポンサーサイト

なぜ、秀吉はキリスト教を禁止したか

豊臣秀吉がキリスト教を禁止していた理由には、キリスト教の布教の裏では、日本人の人身売買が行われていたことと、神社仏閣を破壊したことにあるようだ。

秀吉がキリスト教を禁止したとされる、キリシタン禁止令にはこのようなことが書かれている。

一、 日本は神々の国である。キリシタン国から邪法を授けるのはよろしくない。
一、 彼らは諸国で宗門を広め、そのために神社仏閣を破壊した。かつてないことであり、罰せられることである。
一、 バテレンは二十日以内に自国に帰るべきである。
一、 商船は商売のためであるから、別の問題である。
一、 今後、神と仏の教えに妨害を加えなければ日本に来るのは自由である。

また、国内向けといわれる11条には以下のようなことが書かれている

 「キリシタン信仰は自由であるが、大名や侍が領民の意志に反して改宗させてはならない」、「一定の土地を所有する大名がキリシタンになるには届けが必要」、「日本にはいろいろ宗派があるから下々の者が自分の考えでキリシタンを信仰するのはかまわない」、10条「日本人を南蛮に売り渡す(奴隷売買)ことを禁止する」、11条「牛馬を屠殺し食料とするのを許さない」。

別にキリスト信仰そのものを禁止したわけではないことはこういうことから分かる。

問題は、キリシタンには

「日本の神仏の教えを尊重しない態度」
「人身売買を行うこと」
「肉食を行うこと」

などが原因であった。

そのため、秀吉の後を引き継いだ徳川家康もキリスト教を引き続き警戒し、もっと厳しく対応することになった。

人気ブログランキングへ

太平洋戦争終戦


太平洋戦争は64年前の昭和20年8月15日に終戦を迎えました。

その年の4月ごろから、昭和天皇の意向を受けて、ソ連を通じて和平の道を模索していました。
7月ごろには積極的に和平交渉を進めようとしていました。しかし、当のアメリカが和平交渉に対して首を縦に振らなかったのです。

そして8月6日には広島に、8月9日には長崎に原爆が落とされました。

広島の原爆では26万人もの命が、長崎の原爆では7万5千人もの命が失われました。

このときの原爆投下をめぐって、昭和38年には「原爆投下は国際法違反」という判決が昭和38年に出ています。

*******************************
原爆訴訟、初めての「原爆投下は国際法違反」の判決

広島・長崎の原爆被災者が国を相手取り損害賠償を求めていた「原爆訴訟」で、この日東京地裁にて判決が行われた。東京地裁は原告の損害賠償請求を棄却したが、「アメリカ軍による広島・長崎への原爆投下は国際法に違反する」とし、初めて原爆の投下を国際法違反とする判決を下した。この判決はその後の被爆者援護施策や水爆禁止運動を前進させるための大きな役割を担ったとされ、後の昭和43年には「原爆特別措置法」が施行されることになる。
*******************************

はっきりいえることは、原爆投下とは世界史上最大の虐殺の一つであって、日本が和平交渉を開始しようとしていた以上、原爆投下などは不必要であったということなのです。

そのようなことをアメリカは日本からの和平交渉の申し込みを無視しながら行いました。

このことには、まだ色々あって、広島と長崎の爆弾の種類が違い、アメリカはその爆弾の効果の人体実験を広島・長崎の人々によって試そうとしたことが解っています。
また、東京裁判において判事を務めた、インドのパール判事が「米国による原爆投下こそが、国家による非戦闘員の生命財産の無差別破壊としてナチスによるホロコーストに比せる唯一のものであると痛烈に批判した。」りしてもいます。

アメリカによる広島・長崎への原爆投下は、非戦闘民への大規模な虐殺事件であることを、はっきりと語り継いでいかないといけないのです。


人気ブログランキングへ

ナチスは「ホロコースト」していなかったようだ


少なくとも数百万のユダヤ人というのは、人口的におかしいので、もしあったとしても数万人だったのでしょうが。

どうもこのような第二次世界大戦中の、「歴史的事実」というものは、戦勝国側が捏造・歪曲した事実だったのではないかと、去年の暮れごろから感じています。

87.ナチスは「ホロコースト」等していない!! ── 「ユダヤ人600万人虐殺」の真実


人気ブログランキングへ

人種的差別撤廃提案

人種差別廃止を世界で最初に訴えたのは日本だったのは知っていますか?


アメリカにおける公民権運動に50年ほども先駆けて提案されたものがあります。


***********************


人種的差別撤廃提案


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
人種的差別撤廃提案(じんしゅてきさべつてっぱいていあん)とは、第一次世界大戦後のパリ講和会議において、日本が提案した議題の1つ。諸般の事情で否決され、実現しなかった。


[編集] 概要
1919年2月13日、日本全権である牧野伸顕が新設される国際連盟規約委員会において、連盟規約に人種的差別撤廃を入れるように提案した。これは「人種あるいは国籍如何により法律上あるいは事実上何ら差別を設けざることを約す」というもので、国際会議において人種差別撤廃を明確に主張した国は日本が世界で最初である。


当初この提案は多くの植民地を有するイギリスやオーストラリアなどに猛反対され一度は退けられた。しかし日本は説得交渉を続け、4月11日の最終委員会において連盟規約前文に「国家平等の原則と国民の公正な処遇を約す」との文言を盛り込むという修正案を作成し、再度提案する。


修正案は採決の結果、出席者16名中11名の賛成(フランス、イタリア他)を得るに至り、賛成多数により可決かと思われた。しかし議長であったアメリカ大統領ウッドロウ・ウィルソンはこの案に反対。それまで全ての議題は多数決で採決されていたにも関わらず、突如『重要な議題については全会一致が必要である』として日本の提案を退けた(外務省記録「人種差別撤廃」、『日本外交文書』大正7年第三冊および大正8年第三冊上巻)。


これにより日本政府と国民の間では欧米白人社会(特にアメリカ・オーストラリア)への不信感が強まり、アメリカでも山東半島の権益を得られなかったこと、もしくは反植民地の考えから権益を得たことに対する日本への反発を強めることとなった。


さらに1924年、アメリカでいわゆる排日移民法が成立し日系移民が全面禁止されると、日本国民の対米感情の悪化は決定的なものとなる。こういった一連の流れと、両国の対立感情はその後の太平洋戦争(大東亜戦争)への呼び水となった。


プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (14)
シュタイナー (8)
重要なこと (14)
理論的考察 (24)
読書 (15)
雑記 (39)
宗教 (8)
社会 (684)
ブログ (765)
スピリチュアリティ (19)
詞 (1)
音楽 (15)
考察 (31)
夢 (1)
ニュース (12)
ものがたり (2)
食べ物 (29)
神道 (76)
夢 (1)
アート (3)
哲学 (8)
夢 (1)
健康 (4)
芸術 (3)
夢 (1)
夢 (1)
肉食の害 (15)
歴史 (5)
グログネタ (1)
語学 (1)
教育 (3)
エネルギー (2)
水 (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。